町田版 掲載号:2015年5月6日号 エリアトップへ

運営するギャラリーに地元アーティストを集め、チャリティーコンサートを企画している 萩原 崇弘さん 小山ヶ丘在勤 49歳

掲載号:2015年5月6日号

  • LINE
  • hatena

音楽と芸術と人の輪で

 ○…アート好きが高じてギャラリーカフェをはじめる。「いい音」と「いいモノ」。広い人脈で知り合ったアーティストに発表の場を提供し、来店者が「ゆっくりと作品に触れることができる」場所を目指した。繋がり続けるアーティストたちの「自分たちになにかできないか」という想い―2011年にその”輪”を形にした。

 〇…「元々僕は素人なんです。でもだからこそお店作りで言えること、自由にできることがある」。アートの魅力にのめり込んだ原点は幼少期にお母さんに連れられた美術館巡りだった。「絵も見たし、掛け軸も屏風も。それで純粋美術が好きになった。懐かしいね」と振り返る。なかでもはじめて尾形光琳の『紅白梅図』をみた記憶は今でも心に残る。「なんてキレイなんだろうって。衝撃だったよ。あまり何もしない方だし、暗い方だったから」と笑う。皆にも『いい作品を知ってほしい』という想いがギャラリー運営の一番の想い。

 〇…「自然がないと生きていけないよ」。会社員時代は都心の工具メーカーで働くが「アスファルトだらけで嫌になっちゃった」。退職後は緑・山・川に囲まれた愛甲郡の奥地に居を構える。「回覧板で『熊が出た』とかそんな所。なんでこんな不便な場所にきたの?とも言われるけど」と笑顔がこぼれる。「勉強のため」と3年前からはじめた水墨画と、静かな自宅でアクションDVD(ワイルドスピードシリーズを全巻所有)を観ることが趣味。「他にはあまりないんだよね。アクションは大人しい性格の反面かもね」

 〇…ギャラリーをはじめて10年が経ち、想うことは「人の縁」の深さと広さ。『作品を発信する場』のギャラリーで、人と人が繋がり大きな力になり、また”別のモノ”を創り上げる。その繋がりは「大きいよね。今後もブレないようにやっていきたい」。いい音楽と芸術で、人が安らげる場所を提供する。柔らかい表情で未来を話した。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

岡 資治さん

創立60周年を迎えた東京町田ロータリークラブの会長を務める

岡 資治さん

旭町在勤 63歳

11月25日号

林 アメリーさん

布のアッサンブラージュ作家で、町田福音キリスト教会で作品展を開く

林 アメリーさん

品川区在住 88歳

11月18日号

小宮山 文彦さん

小山町・小山ヶ丘・相原町を管轄する南大沢警察署長に着任した

小宮山 文彦さん

南大沢在住 58歳

11月11日号

浅倉 彩さん

「2021ジャパン・ケーキショー東京」の一部門で銅賞を受賞した

浅倉 彩さん

町田市在住 40歳

11月4日号

須貝(すがい) 麻優子さん

グリーンヨガフェスタ町田実行委員会で実行委員長を務める

須貝(すがい) 麻優子さん

広袴在住 51歳

10月21日号

吉田 知成(ともしげ)さん

先月、町田警察署長に着任した

吉田 知成(ともしげ)さん

旭町在住 55歳

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook