町田版 掲載号:2016年7月14日号 エリアトップへ

日米大学野球選手権に出場する「侍ジャパン大学日本代表」に選ばれた 森下 翔平さん 東海大学野球部主将 22歳

掲載号:2016年7月14日号

  • LINE
  • hatena

不遇の時こそ楽しむ

 ○…2011年春の甲子園で優勝し、14年の大学選手権では主力として日本一に貢献。首都大学リーグでは3年春に首位打者を獲得した。絵に描いたような野球人生だが「日の丸」を背負うのは初めて。広角に打ち分ける巧みなバットコントロールと一発のあるスイングで侍ジャパン入りした。日米野球は12日に開幕。「高いレベルを体感できる機会。全力を尽くしたいです」と意気込んでいる。

 ○…町田市に生まれ、小学3年から野球を始めた。もともとは投手だったが、中学生になり青葉緑東シニアで野手に転向した。一つ下に松井裕樹投手(現楽天)がいる強豪の8番を任され、3年時には全国大会で8強入り。しかし、東海大相模高校では一転、延々と続く球拾いが待っていた。同期の半数は全国からスカウトされたエリート。「かなわないと思いました。それでも球拾いだって野球の一部。自分にとっては楽しいものでした」。チャンスはその半年後に訪れた。

 ○…ピッチングマシンで一人練習をしていた時のこと。たまたま通りかかった先輩がその様子を見ていた。「良いスイングの1年生がいます」。すぐに監督から一軍の試合に呼ばれ、千載一遇の打席で結果を出した。1年秋の関東大会からはスタメンに名を連ね、12打数6安打。翌年のセンバツ準決勝では満塁弾を放ち、決勝までの5試合で3割8分と大暴れした。「あの日がなければ」。転機をくれた先輩に今も感謝を忘れない。

 ○…現在、東海大野球部で主将を務める。趣味の読書をチームに役立てようと、休日はメンタルトレーニングや食事管理の本を読む。高校から始まった寮生活も今年で7年目。秋には集大成となる最後のリーグ戦が控える。卒業後の進路も気になるところだが、思いは不変。「野球を楽しむだけ」。決しておごらず、うれしそうに「楽しむ」と繰り返す。飾らない人柄は、打撃に負けない魅力となっている。

町田版の人物風土記最新6

渡辺 文久さん

町田産ブドウでワインをつくるプロジェクトを始めた

渡辺 文久さん

玉川学園在住 54歳 

4月15日号

福島 章恭(あきやす)さん

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く

福島 章恭(あきやす)さん

成瀬が丘在住 58歳

4月8日号

庄司 光里(みさと)さん

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く

庄司 光里(みさと)さん

成瀬在住 46歳 

4月1日号

毛利 元亮(げんすけ)さん

Fリーグでチーム(ペスカドーラ町田)初の新人賞を獲得した

毛利 元亮(げんすけ)さん

茅ヶ崎市在住 19歳

3月25日号

永井 ゆずりさん

草木染や藍染作家として市内の古民家で初めての展示会を開く

永井 ゆずりさん

 鶴川在住 

3月18日号

大塚 治之さん

「ズーラシアンブラス」の生みの親

大塚 治之さん

町田市在住 59歳

3月11日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter