町田版 掲載号:2017年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

ゼルビアレディースの監督に就任した 村上 裕子さん 町田市在住

愛され応援されるチームに

 ○…「本当にゼロからのスタートです。1から10まで、全てやっていますよ」。今年5月の開幕に間に合うようにセレクションの開催、選手の選定のほか、書類作成、ユニフォームデザイン、練習場所の確保、就職のあっせん、あいさつ回りなど、裏方もスタッフとともにすべて担当している。「本当にスタートできるのかなって不安になるときもありますよ」と笑うが、「選手にとっては人生をかける話。せっかく来てくれたのに、『開幕に間に合いませんでした。来年から』なんて言えませんものね」と張り切る。

 ○…仙台市生まれ。兄の影響で小学一年生からサッカーを始める。小学生・中学生・高校生と全国大会の常連チームとして活躍した。厳しい練習を経て、地方予選を勝ち抜いて、全国大会に行くとご褒美に「全国のすごい選手に会える」ことだった。相手も自分のことを待っていてくれて、「全国に行けば会える仲間」だった。「去年とは違うぞ。うまくなっただろ」とプレーでアピールしあった。全国に出場できなければ、「一人だけ取り残された」ような気持ちだった。

 ○…監督を引き受けたものの、運営や組織、練習体制などもこれから作り上げていかなければならない。高校生以上の女子チーム。2025年のなでしこリーグ参入を目指す。実力はもちろん、皆から応援され、子どもたちの目標となるチームを目指す。

 ○…指導や裏方などなんでもやらなくてはならない状況に、父親との会話が増えたという。中学生までコーチをしてくれ、現在も地元のスポーツ団で指導する立場の父親に、反発しながらも指導してもらった当時のことや組織作り、遠征の準備内容など聞いて勉強する。「選手だった当時は気が付かなかったことも教えてもらって、心強い先輩です」と笑う。気分転換は足の指にマニキュアを塗ること。「何も考えずに一心不乱に塗っています。皆に知られたくないな」と笑う。

町田版の人物風土記最新6件

佐藤 友義さん

造園業(株)ニワバンの創業者で、いずみ浄苑にローズガーデンを創った

佐藤 友義さん

2月15日号

杉山 大季さん

町田市で初開催のビジネスプランコンテストで大賞を受賞した

杉山 大季さん

2月8日号

酒井 美登さん

子どものころに聞いた懐かしい音を再現させているピアノ調律師の

酒井 美登さん

2月1日号

小川 洋一さん

長泉寺の副住職で町田市仏教会の会長を務める

小川 洋一さん

1月25日号

鳥尾 匠海さん

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった

鳥尾 匠海さん

1月18日号

三沢 亮介さん

町田青年会議所の第51代理事長に就任した

三沢 亮介さん

1月11日号

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

地域教育サポーター入門講座

2月27日~3月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク