町田版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

市内で活動するウクレレサークル「マウイブルーオーシャンズ」の講師を務める 小泉 等さん 小山ヶ丘在住 70歳

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena

指先で繰り出す”爽音”

 ○…月2回、平均年齢が高めのメンバーを指導する。「毎月会っているから、その時はそんなに分からないんだけど、何年か前の映像を見返すと、すごく成長を感じるよね」と微笑む。今は7月の発表会に向けて練習が始まったばかり。「10曲の新曲を準備したよ」。弾く人の身になって、格好つけず簡単な音符に置き換えて譜面を書く。「最後にはしっかり揃って形になるからさすがだよね」とメンバーをねぎらう。

 ○…グループのオープニングテーマ「マウイの青い海」を作曲した。それをもとにグループ名も『マウイウクレレクラブ』から『マウイブルーオーシャンズ』に改名した。「我々も進化しているからね。名前も変えてみた」と笑顔で話す。

 ○…北海道室蘭市の出身。高校時代にクラスの友人にギターの弾き方を教わり音楽の道へ。就職後も友人たちとハワイアンバンドを組み、ギターを担当。38歳の転勤を機にウクレレと出会う。「転勤先のアパートではうるさくてギターが弾けなかったからさ」と懐かしむ。ウクレレ第一人者の大橋節夫の曲に惹かれ、『ハワイアンマーチ』をCDで聴きながら、「耳コピー」で必死に演奏。分からない部分はステージに出向いたり、DVDを鑑賞したりと「見よう見まね」で覚えた。「ウクレレをソロで弾くインパクトにやられてね。自分もこんな風に弾きたいなって」。それが原点。

 ○…現在仕事はリタイヤし「悠々自適」な日々を過ごす。楽器屋や本屋さんを巡ったり、家で譜面を書いいたり。子どもたちは独立し、奥さんと二人暮らし。しかし奥さんを演奏会には誘ったことがない。「演奏だけでなくMC(司会)もやるので、下手なこと言えなくなるからね。来るなと言っているよ」と照れながら笑う。「いつか昔のようにバンドを組みたいね。ベース、パーカッション、キーボードがいて、ウクレレを弾いて。ジャズなんかをやれればいいね」。夢は果てない。

町田版の人物風土記最新6

西山 由之さん

西山美術館の館長を務める

西山 由之さん

野津田町在住 78歳

1月7日号

内田 真吾さん

鶴川イルミネーション実行委員会で代表を務める

内田 真吾さん

野津田在住 55歳

12月3日号

大月 徹さん

第14回まちカフェ!10daysの実行委員長を務める

大月 徹さん

成瀬が丘在住 32歳

11月26日号

佐藤 亜美(つぐみ)さん

「(財)風に立つライオン基金」のチャンポン大使に任命された

佐藤 亜美(つぐみ)さん

成瀬台在住 27歳 

11月19日号

刈田 享子さん

1831年に初演された難度の高いオペラ「ノルマ」の主役に挑戦する

刈田 享子さん

玉川学園在住 

11月12日号

久保 礼子さん

自然保全等の活動を行う野津田・雑木林の会代表を務める

久保 礼子さん

横浜市在住 69歳

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク