町田版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

第71回全日学生音楽コンクール全国大会で1位になった 鳥尾 匠海さん 町田市出身 21歳

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena

一歩一歩着実に世界へ

 〇…「第一歩を叶えられた感じです」。全日本学生音楽コンクールで1位を獲得した。「先輩方も受賞していて、自分の実力を知るためにも、どうしても欲しいコンクールだった」と振り返る。年末に甲子園球場で行われた全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の決勝で国歌を独唱した。すべての経験が将来の糧となる。

 〇…中学校ではサッカーに熱中していた。しかしケガをしたこともあり、進学や将来について漠然と不安を抱えていた。「将来、どうなるんだろう」。迷い悩んでいた時、オペラに出会った。学校の授業でアイーダを聴き、「これだ」。自分にもできる気がした。「全然、根拠とか自信があった訳ではないんですけどね」。家族や先生に相談して、新たな道を進みだした。

 〇…高校に進学して1から声楽を学んだ。それまでは声楽のことはほとんど知らず、「友だちとカラオケに行くくらいでしたね。音楽との接点は」。専門の先生に習い、一歩一歩進み始めた。在学していた桜美林高校ではクリスマス会のときに学生の前で、その歌声を披露した。「本当に多くの人に助けられました」。その甲斐あって、東京藝術大学に進学した。

 〇…「自分自身の身体が楽器だと痛感します」。体調が悪い時は、当然のように声の調子も悪い。ストレスを溜めないように、気を配る。「目標やノルマを決めて、それをクリアしていくことが好きですね」。コンクールも「自分の実力を確認する」場という。将来は留学し、本場のオペラを学びたいという。その後、世界を舞台に活躍できるオペラ歌手を目指す。「自分の名前でチケットが売れ、会場を満席にできるようになりたい」と瞳を輝かす。練習だけでなく、アルバイトや合唱のエキストラなど休みのない毎日が続く。「遊びに行った日を覚えてないかな」。一歩一歩、着実に自分の立ち位置を高めていき、最後は頂点に立つ。

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

町田版の人物風土記最新6

須貝(すがい) 麻優子さん

グリーンヨガフェスタ町田実行委員会で実行委員長を務める

須貝(すがい) 麻優子さん

広袴在住 51歳

10月21日号

吉田 知成(ともしげ)さん

先月、町田警察署長に着任した

吉田 知成(ともしげ)さん

旭町在住 55歳

10月14日号

村上 輝(ひかる)さん

第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会の砲丸投げで準優勝した

村上 輝(ひかる)さん

小野路町在住 25歳

10月7日号

樋口 堅さん

2022シーズンからFC町田ゼルビアのトップチームへ昇格する

樋口 堅さん

相模原市在住 18歳 

9月30日号

宮澤 雅文さん

町田市民文学館の「のりものえほん展」にあるジオラマを製作した

宮澤 雅文さん

相模原市在住 61歳

9月16日号

鈴木 忠さん

第11代町田市社会福祉協議会会長に就任した

鈴木 忠さん

鶴間在住 76歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook