町田版 掲載号:2018年3月8日号
  • LINE
  • hatena

日大三高野球部 開幕ひかえ準備万端 四番と正捕手にインタビュー

スポーツ

四番打者の重責を担う大塚選手(右)、正捕手の齊藤選手
四番打者の重責を担う大塚選手(右)、正捕手の齊藤選手
 第90回記念選抜高等学校野球大会(センバツ)出場を決めた日大三高。強打の三高打線で四番に座る大塚晃平外野手(2年)と、守備の要を務める齊藤龍二捕手(2年)に、3月23日(金)開幕の夢舞台へ向けた意気込みを聞いた。

勝負強さ求めて

 鋭い金属音とともに、打球は瞬く間に外野手の頭を超えていく――。ランナーを置いた実戦形式の打撃練習で、大塚選手は一際強烈な打球を放っていた。「センバツまで残り少ない。内外野の間に鋭い打球を打ちたい」と、日々強打に磨きをかけている。

 新チームになってから四番に定着。秋の都大会では持ち前の勝負強さを発揮し、5割を超える打率をマークした。目標としているのが、右打者シーズン最高打率の記録を持つ内川聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)だ。「広角に長打を打てて、打率も高い。自分もチャンスで一本打てる勝負強い打撃をしたい」と、力強く語る。そしてセンバツに向けて、「甲子園は強いピッチャーが全国から集まる魅力的な場所。バッティングで勝利に貢献したい」と抱負を語った。

理想は「勝てる捕手」

 「去年はベンチに入れず、羨ましい気持ちがあったが、今年は違う」。夢舞台が近づくにつれて、齊藤選手の気持ちは高揚しつつある。

 正捕手の座をつかみ取った昨年。11月に行われた明治神宮大会初戦では、本塁のクロスプレーで走者と激突。救急車で搬送された。「これまで経験したことは無かったが、こういうこともある」。冬にはキャッチャーの守備練習を徹底し、自身を追い込んだ。

 常勝が求められる日大三高野球部。掲げる理想は、「総合的な力があって、勝てるキャッチャー」だ。憧れの選手は、同校OBで広島東洋カープの有望株・坂倉将吾捕手。齊藤選手が1年の頃、正捕手として活躍しており、周囲から信頼を集める様を目の当たりにしてきた。「坂倉選手のように、安心感のあるキャッチャーになりたい」と話す。

 昨年は初戦で涙をのんだが、「まずは1回戦の壁を突破して、流れに乗りたい」と決意を述べた。

町田版のローカルニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月25日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

素敵なXマスの贈り物

素敵なXマスの贈り物

山口友由実ピアノコンサート

12月23日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク