町田版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

30日まで「時代裂のキルトアート展」と題し地元で初の個展を開いている つるた 聰子さん 南大谷在住  

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

時代裂の持つ物語を紡ぐ

 ○…青山や銀座などの都心をはじめ全国各地で個展を開く。さらにケルン、ミラノ、パリ、プラハなど海外での展示会も数多く手がける。町田に暮らして20年以上――地元で初となる今回の個展に「これまで縁がなかったのは不思議だけど、作家として円熟味を増したこの時期に開催できるのは嬉しい」と口にした。

 ○…キルトアートを始めて36年。素材は自ら歩いて集めた江戸後期〜昭和初期の着物などに使われている古い布地=時代裂(ぎれ)。これをパッチワークの手法で丹念にはぎ合わせる。新しい生命を与えられた作品は優美で気品が漂い、歴史と時代の凝縮を物語る。「時代裂には美しさ、雅さ、素朴さがある。現在の布にはないもの」。着物として形があるものにはハサミを入れないのが自分の中のルール。小さな端切れをこつこつと集め、そのコレクションは生涯使いきれないほどになった。

 ○…自然体でありながら相手が心地良く感じる立ち振る舞いと話し方。洋服を素敵に着こなす一方、幼いころから着物に親しみ、少し前までは1年のうちの半分を着物で過ごした。「会期中は在廊し、着物でみなさまをお迎えします」

 ○…今回の注目作品、町田の「絹の道」をテーマに制作した3メートルの大作には幕末から明治の江戸ちりめんだけを使った。草木で染めたものが多く、たおやかな美しさと穏やかな色合いが作品を彩る。使われている赤は紅花と茜で染められている。本来の色に手を加えるようなことはせず、紙のように薄い布を丁寧につなぎ合わせた。自身の起こした図案を基に、気の遠くなるような作業からオリジナリティあふれる作品が生まれる。「古いものの良さを現代の感性の中に新しいものとしてよみがえらせる。美しいものを美しいまま見せたい」

町田版の人物風土記最新6

西山 由之さん

西山美術館の館長を務める

西山 由之さん

野津田町在住 78歳

1月7日号

内田 真吾さん

鶴川イルミネーション実行委員会で代表を務める

内田 真吾さん

野津田在住 55歳

12月3日号

大月 徹さん

第14回まちカフェ!10daysの実行委員長を務める

大月 徹さん

成瀬が丘在住 32歳

11月26日号

佐藤 亜美(つぐみ)さん

「(財)風に立つライオン基金」のチャンポン大使に任命された

佐藤 亜美(つぐみ)さん

成瀬台在住 27歳 

11月19日号

刈田 享子さん

1831年に初演された難度の高いオペラ「ノルマ」の主役に挑戦する

刈田 享子さん

玉川学園在住 

11月12日号

久保 礼子さん

自然保全等の活動を行う野津田・雑木林の会代表を務める

久保 礼子さん

横浜市在住 69歳

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク