町田版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

“力になる”と信じてる! ゼルビア熱にうなされて

スポーツ

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
後援会メンバーの皆さん
後援会メンバーの皆さん

 FC町田ゼルビア後援会ではクラブが主体的に行うホームタウン活動の支援やホームゲーム時のワークショップ・企画開催など、主にゼルビアを盛り上げるための活動を行っている。発足5年目。会員は300人ほど。

 ホームゲームの日、後援会ブースでさまざまな企画を開催している。最近では「まちだみやげ」という、町田名産品や工芸品、ゆかりがある商品をブースで販売。これが大好評で店舗側の人もアウェーからのサポーターも、大満足だそうだ。今年から始めた「まちだみやげ」だが、はじまりは熊本のアウェーの試合に行った際、空港ではお土産を買う時間がなく、スタジアムで買った経験から。「遠くから来たサポーターだったら、これは助かると思いました」と7年前からサポーターで後援会メンバーの佐藤和香さんは熱弁する。佐藤さんはお腹にお子さんがいたころから試合を観戦。旦那さんを巻き込み、家族全員で応援している。

 「やっぱり町田を盛り上げようとの思いです。『この街にはゼルビアがあるんだ!』という熱い思いでやっています」と同じくメンバーの渡邊俊信さんは熱い口調で話した。

 約10年来サポーターであり続けている小島邦男さんは鶴川駅でバス乗り場の案内や、その日の試合の案内、チラシ配りなどを行っている。「アウェーからきた人は非常にうれしい」との声もある。ゼルビアへの熱意が伝わってくる活動だ。

 同会事務局長の野本倫央さんは「クラブ側ができないことを自主的にやっている。ゼルビアを盛り上げたい、町田に還元したいという気持ち。ゼルビアをきっかけに町田にどんどん横のつながりができてほしい」と後援会の意義を熱く語った。

人気の「まちだみやげ」
人気の「まちだみやげ」

町田版のローカルニュース最新6

新年に「福」よ来い

新年に「福」よ来い 文化

アルル。で新春招福展

1月13日号

記者が取材・体験してレポート

記者が取材・体験してレポート 社会

ご近所情報サイト「レアリア」

1月13日号

地域に根差し健康支え40年

地域に根差し健康支え40年 社会

協栄スイミングクラブ町田で記念式典

1月13日号

ロウバイ見ごろ

バリトン市川宥一郎が歌う

日伊声楽コンコルソ優勝記念

バリトン市川宥一郎が歌う 文化

1月13日号

自転車の正しい乗り方を学ぼう

知っているようで知らない!?

自転車の正しい乗り方を学ぼう 社会

町田市介護人材バンク特別講座

1月13日号

『町田独立宣言』

町田への愛と危機感を込めた渾身の一冊。今春、町田市内書店にて発売予定!

https://ameblo.jp/takahiro0938/

「終活」なるほど教室開催中

終活のプロ行政書士によるおひとりさまの終活&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook