町田版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

マジキッシュのボーカルでファーストフルアルバム『March』をリリースする 金子 辰造さん 小川在住 35歳

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

素直に、歌い続ける

 ○…「エレキギターそのものに魅せられた」。形、色、アンプに繋げばひずんだ音色が響く。モノとしてのギターが好きだ。「ちょうど、男の子がバイクとか機械仕掛けの物に熱中するのと似ているかも」。初めて手にしたのは中3のとき。バスケに打ち込んだ日々が過ぎて、エレキギターを弾く友人が触らせてくれた。間近で見たことがなく、アンプを通して音を出すことも知らなかった。「これを使って遊びたい」。そんな“初期衝動”だった。

 ○…カメラマンの父の背中を見て育った。「父はなんでも自分でやろう、作ってみようという人だった。だから、自然とそういう姿勢が身についているのかな」とはにかむ。ギターを始めて、最初にコピーしたのはJUDY AND MARYだった。姉が持っていたCDの中から選んだ。「ギターで遊ぶためには、というお題探しで音楽を漁っていった感じです」

 ○…相方の直正さんとの出会いは小学校。小川小、つくし野中、高校も、「一緒に音楽をやろう」と同じ都立の高校へ。「バンドに対して積極的でした。やっぱり、本気だったんですね」。お互い別の活動がひと段落した24歳のときに「マジキッシュ」を結成。「いろんな壁を感じていた時期で、もし直正と結成の話になっていなかったら、音楽をやめていたかもしれない」と振り返った。一番大事なのは「長く続けること」。そのためにライブを続ける。

 ○…ハードなロックに夢中だったけれど、自分でやろうとすると違和感があった。どこか「演じている」気がした。だから、自分の本音をクリアに歌にすることに。「そうしたら、楽になりました。いまは、人間が矛盾とか葛藤を、それらを抱えながらも生きていくんだよ、という気持ちを素直に歌えるようになっています」と明るく前を向く。

町田版の人物風土記最新6

佐藤 昇さん

自身の教育論・教師論を著した『子どもに寄り添う教師』を上梓した

佐藤 昇さん

高ヶ坂在住 72歳

5月7日号

関根 正司さん

境川クリーンアップ作戦実行委員会の実行委員長を務める

関根 正司さん

相模原市在住 54歳 

4月29日号

渡辺 文久さん

町田産ブドウでワインをつくるプロジェクトを始めた

渡辺 文久さん

玉川学園在住 54歳 

4月15日号

福島 章恭(あきやす)さん

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く

福島 章恭(あきやす)さん

成瀬が丘在住 58歳

4月8日号

庄司 光里(みさと)さん

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く

庄司 光里(みさと)さん

成瀬在住 46歳 

4月1日号

毛利 元亮(げんすけ)さん

Fリーグでチーム(ペスカドーラ町田)初の新人賞を獲得した

毛利 元亮(げんすけ)さん

茅ヶ崎市在住 19歳

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter