町田版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

はぎの耳鼻咽喉科院長で、町田医師会主催のコンサートの中心メンバーとして活躍する 萩野 仁志さん 玉川学園在住 60歳

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena

ジャズの持つ力で元気与え

 ○…町田市医師会関係者が行うコンサートの企画に携わる。「医者と患者、クリニック以外の交流があると仲良くなれる。人間関係が深まる。そして治療にも良い影響が出る」と交流の場を創出する。「今回は今までより多くの演者が登場するので、楽しんでほしい」。自身のバンドがコンサートのトリを務める。

 ○…青森県出身。3歳からクラシックピアノを始める。耳鼻科医だった父親は”バリトンドクター”として名を馳せ、「のど自慢」で日本一になったことも。頻繁にリサイタルを行い、その伴奏を手伝っていた。「医学部に入ってもずっと伴奏を続けてきたから、この歳になっても指が動く状態なのかな」。高校時代に全国コンクールで10人の中の1人になったこともあり、一時は音大を目指した。しかし父親のように耳鼻科医になろうと決めた。「絶対音感」を持つ耳鼻科医。声帯にも精通し、シンガーやピアノ教師、音楽関係者の患者が多い。

 ○…HUG DOC BAND(はぐどばん)。自身のバンド名に”抱きしめて癒す”、ヒーリングの意味を込めた。癒しにはオルゴールなど静かな曲が適しているが、認知症の人を前に演奏すると「リズム」に反応することが分かった。元気のない人に元気を与えるのはリズム。それにはジャズだ。好きなクラシックのテイストを壊さず、ジャズにアレンジ。診療後や休診日は練習に充てている。

 ○…「今年は記念すべき年」。バンドは高い目標に向かう。9月に渋谷のセルリアンタワーに入る「JZブラッド」への出演が決まった。誰もが知る老舗ジャズクラブだ。「このまま第一線でやっていきたいですね」と意欲を見せる。バンドメンバーや、ボーカルのマリーさんたち素晴らしい共演者と引き合わせてくれた、強い縁に感謝しつつ。

町田版の人物風土記最新6

西山 由之さん

西山美術館の館長を務める

西山 由之さん

野津田町在住 78歳

1月7日号

内田 真吾さん

鶴川イルミネーション実行委員会で代表を務める

内田 真吾さん

野津田在住 55歳

12月3日号

大月 徹さん

第14回まちカフェ!10daysの実行委員長を務める

大月 徹さん

成瀬が丘在住 32歳

11月26日号

佐藤 亜美(つぐみ)さん

「(財)風に立つライオン基金」のチャンポン大使に任命された

佐藤 亜美(つぐみ)さん

成瀬台在住 27歳 

11月19日号

刈田 享子さん

1831年に初演された難度の高いオペラ「ノルマ」の主役に挑戦する

刈田 享子さん

玉川学園在住 

11月12日号

久保 礼子さん

自然保全等の活動を行う野津田・雑木林の会代表を務める

久保 礼子さん

横浜市在住 69歳

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク