町田版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

西武から6位指名 ストレートでねじ伏せる 日大三高・井上広輝選手

スポーツ

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
書いたのは子どものころから好きな言葉
書いたのは子どものころから好きな言葉

 プロ野球のドラフト会議で埼玉西武ライオンズから6位指名された日本大学第三高等学校(図師町)の井上広樹選手(3年)。子どものころから憧れていたプロ野球選手になる今の気持ちやこれからの目標を聞いた。

―指名された瞬間の気持ちはどうでしたか

 正直ほっとしたという気持ちが一番大きい。

―少し時間が経ちましたが、今の心境は

 ずっと実感がわいてなかったのですが、このごろようやく受け入れられて。練習もしっかりやるようにしています。

―プロの世界で、どんな選手を目指しますか

 まずは一年間を通して戦える体をつくり、ローテーションに入って、二桁勝てるようなピッチャーになりたいです。

―野球選手としての自分の一番の武器は

 (最速150㌔を超える)打者を圧倒する伸びのあるストレートです。

―埼玉西武ライオンズに対する印象は

 今年もリーグ優勝している。打線はもちろん、若手投手も頑張っているいいチームだなと思っています。小学校低学年のころはライオンズのユニフォームとかを持っていました。

―野球を始めたきっかけは

 2歳上の兄の影響です。小学6年生まではソフトボールをやっていました。中学生になってから硬式野球のチームに入りました。

―ポジションは

 ソフトボールの時代から野手もやりましたが、基本的にはずっとピッチャーです。

―指名され、周りからの反応はどうでしたか

 野球部員と中継を見ていたんですけど、みんなも喜んでくれて嬉しかった。兄からも「よかったな」と言われました。

―高校野球で一番の思い出は何ですか

 やはり甲子園で投げたこと。春の都大会でケガして3カ月ぐらい投げられなくて。甲子園の本番が復帰登板で、そこでいいピッチングをしたことが今に繋がったと思う。

―最後にメッセージを

 こうして野球ができるのも周囲の支えがあったから。その人たちのためにもプロの世界で活躍して恩返しをしたい。
 

町田版のローカルニュース最新6

秋イベントの中止が決定

秋イベントの中止が決定 社会

新型コロナの影響受け

7月9日号

今度はデグーベビー

出産ラッシュ!!町田リス園

今度はデグーベビー 社会

7月9日号

歌を楽しむ日が復活

歌を楽しむ日が復活 文化

7月22日 まちだ歌声の会

7月9日号

おさんぽ とっちゃん

「ほっこり時間」

おさんぽ とっちゃん 社会

7月2日号

東京町田サルビアRC

東京町田RC

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク