町田版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

町田市民文学館で9月29日から絵本の原画を展示する 渡辺 有一さん 市内在住 77歳

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena

いかに生きるかがテーマ

 ○…テレビアニメで放映中の「ぴったんこ‼ねこざかな」の原作者。原作「ねこざかな」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を、「はしれ、きたかぜ号」で絵本にっぽん賞を受賞。今回展示されるのは2013年出版の「おれはワニだぜ」の原画。同作品は「いかに生きるか」をテーマにしたと話す。

 ○…同作品を描くにあたってワニの飼育で有名な静岡県にある熱川バナナワニ園に取材に行くも「少し寒い時季に行ったためか、ワニが動かず全く参考にならなかった」と苦笑、園内に飾られていた化石標本のワニのほうがよほどイメージがわいたなぁ、と思い返す。

 ○…旧満州に生まれ、中学2年生の途中まで静岡県の富士山のふもとで過ごす。2年生の3学期に都内の中学校に転校。「カルチャーショックだらだらけ」と笑い「男の子は丸坊主がじゃないし、校内でパンは販売しているし」との話から当時、非常に驚いた様子が伺える。

 ○…高校、デザインスクールを経てデザイン事務所に就職。今はなきカメラメーカー「ヤシカ」の取扱説明書やパッケージなどのデザインを担当していたが「デザインの仕事に満たされることはなかった。人様が生み出したものという意識があったから」と、自らが生み出す仕事として絵本の世界を目指して54年、作家として45年になる。

 ○…「いかに生きるか」をテーマにした作品はもう一作。東日本大震災時に瓦礫に埋もれた川に遡上してきたサケに思い寄せて描いた「ギンジとユキの1340日」だ。この作品の初版著者印税の一部を岩手県の被災した保育園に寄付している。「あと一冊なにか描けたらいいんだけどね。なかなかポンポンとは描けないな」と静かにほほ笑んだ。
 

町田版の人物風土記最新6

宮野 茉莉さん

玉川大学卒でNBAのチアリーダーのオーディションに挑戦する

宮野 茉莉さん

都内在住 24歳 

6月10日号

馬川 賢一さん

鶴川団地センター名店街のカフェでコンサートを開く「うまけん」こと

馬川 賢一さん

薬師台在住 52歳

6月3日号

力武(りきたけ) 誠さん

ギターのリペアマンとして経験を生かしたオリジナルギターを製作する

力武(りきたけ) 誠さん

大和市在住 44歳 

5月27日号

飛田 奏(かな)さん

ACジャパン広告学生賞の新聞広告部門でグランプリを獲得した

飛田 奏(かな)さん

桜美林大学 3年

5月20日号

鈴木 椎那(しいな)さん

6月20日(日)の「少し遅い母の日コンサート」に出演する

鈴木 椎那(しいな)さん

相模原市在住 25歳 

5月13日号

佐藤 昇さん

自身の教育論・教師論を著した『子どもに寄り添う教師』を上梓した

佐藤 昇さん

高ヶ坂在住 72歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter