町田版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

YouTubeデビューしたけれど まだまだ本を出していきたい 町田市在住の動物研究家

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
膨大な蔵書を背に新書を手にする實吉達郎氏
膨大な蔵書を背に新書を手にする實吉達郎氏

 ネッシーやツチノコ、河童などを表す「UMA=未確認動物」という言葉の誕生に携わった動物研究家の實吉達郎(さねよしたつお)氏がこの夏に新著「日本人と動物の歴史」を出版した。

 町田市在住歴50年を超える實吉氏は90歳を過ぎても、なお好奇心も探求心も向学心も執筆意欲も何においても精力的。幼少から書くことに長け、小学校でのつづり方から大学時代の論文まで先生や教授に褒められたことしかないという。また講談をこよなく愛し「講談の本を出したいくらいだ」と語る口調は人を魅了し、何時間聞いていても飽きないほど。9月末日からは動画共有サービスYouTubeで「實吉先生の動物の話」というチャンネルを開設したので、興味のある方は、ぜひ。

 または11月1・8日(日)にTSUTAYA町田木曽店(【電話】042・789・7712)で開かれるトークショーに参加を。時間は両日午後2時と4時の2回。参加費無料。

本のプレゼント

 最新刊「日本人と動物の歴史・(株)カイゼン」を本紙読者1人にプレゼント。

 同本は古代から明治以降までの日本史を動物を主役になぞる。が、本にはヤマタノオロチや、鵺(ぬえ)など實吉氏ならではの動物も登場。「思った以上に面白いものが書けた」と満足げな笑顔を見せ、次回は西洋の動物史を書きたいといい「まだまだ、どんだけでも本を書きたい」と年を感じさせない。

 プレゼント希望者はハガキで〒252-0239相模原市中央区2の6の4(株)タウンニュース社町田編集室「本のプレゼント」係までかFAX【FAX】042・769・7001まで【1】住所【2】名前【3】電話番号を明記のこと。※個人情報はプレゼントの発送にのみ使用いたします。
 

町田版のローカルニュース最新6

自然の中のステージ

せりがや冒険遊び場

自然の中のステージ 文化

音楽やダンスを楽しむ

11月26日号

世界的テキスタイル作家の作品展示

教会堂を舞台に

世界的テキスタイル作家の作品展示 文化

着物生地のタペストリー

11月26日号

新たな形で市民活動を紹介

まちカフェ!10days

新たな形で市民活動を紹介 文化

オンラインと市内分散開催の10日間

11月26日号

市が投票呼びかける

「なりたいまちの姿」キャッチコピー

市が投票呼びかける 文化

12月4日まで

11月26日号

食いしん坊のココア

「ほっこり時間」

食いしん坊のココア 社会

11月26日号

日本の歩む道は

演説大会

日本の歩む道は 教育

11月28日 杜のホールはしもと

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク