町田版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

1831年に初演された難度の高いオペラ「ノルマ」の主役に挑戦する 刈田 享子さん 玉川学園在住 

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

憧れのノルマ役になりきる

 ○…19世紀前半のオペラ界を席巻した作曲家ベッリーニの古典オペラに主役として臨む。ソプラノ歌手にとって難易度が高く、国内ではほとんど演じられることがない作品。禁断の恋に落ちた巫女ノルマの人生を描いた物語だ。2時間を超える全編を通して流れるように歌い続ける技術と体力、複雑に絡み合う感情表現が難しい役への挑戦に今から胸を躍らせる。

 ○…宝塚のおひざ元、兵庫県西宮市の出身。「幼少のころは家で音読することすら恥ずかしがる内気な子」だったが、華やかな宝塚の公演には魅了された。5歳からピアノを続けていたが中学2年のとき、合唱が趣味だった母に薦められ声楽の道へ。人前で歌うことを考えるだけで赤面したが、レッスンを重ねるうちに自然と自信を持てるようになった。

 ○…大学でも声楽を専攻し、卒業後、結婚を機に上京。音楽好き一家で「今は社会人になった2人の娘が小さいころは家族でカラオケに行って8時間以上過ごすこともあった」と懐かしむ。子育てが一段落つき、約10年のブランクを経て町田イタリア歌劇団に参加。日中はフルタイムで働き、歌の練習は夜になることが多い。自動車保険を案内する仕事で常に人と話しているが、どんなに疲れていても歌うことで元気になれると話す。

 ○…コロナ禍で4か月ほど歌う機会を失った。自粛期間中に仲間たちと試みた「テレワークオペラ」が心をつなぎとめてくれた。12月に地元町田で公演する「ノルマ」は自分にとって19作目となる舞台。経験を重ね、ソプラノ歌手として円熟味を増した今、いつか演じたいと夢見ていた公演の本番まで残り2か月。「歌っている自分が泣きたくなるぐらい音楽が美しいオペラ。多くの方に感動を届けたい」

町田版の人物風土記最新6

高野(こうの) 菜々さん

令和2年度文化庁芸術祭賞の演劇部門新人賞を受賞した

高野(こうの) 菜々さん

 都内在住 31歳 

3月4日号

林 いずみさん

公認心理師で、3月2日に薬師池西公園で子育てや教育相談の講演を行う

林 いずみさん

大蔵町在住 60歳

2月18日号

鄭 大世(チョン テセ)さん

今シーズン、FC町田ゼルビアへ新加入した

鄭 大世(チョン テセ)さん

36歳 

2月11日号

柏木 英一さん

東京都町田市倫理法人会の第11代会長に就任した

柏木 英一さん

金森在住 45歳 

2月4日号

伊藤 秀俊さん

一般社団法人町田青年会議所の第54代理事長に就任した

伊藤 秀俊さん

金森在住 39歳 

1月21日号

西山 由之さん

西山美術館の館長を務める

西山 由之さん

野津田町在住 78歳

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク