町田版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く 福島 章恭(あきやす)さん 成瀬が丘在住 58歳

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena

上質な音楽で心に潤いを

 ○…「失われた日常を取り戻し、乾いた心を潤したい。遠出ができない今、地元で上質な音楽を」。そんな思いで開くコンサートの指揮者を務める。ベートーヴェンの交響曲第7番はテレビドラマ「のだめカンタービレ」で話題になった曲。躍動感に溢れ、元気になりたい今にピッタリだと選曲した。ベートーヴェンは「音楽家にとって避けて通れない存在。ずっと表現したかった」。その願いが叶う。

 ○…大阪フィルハーモニー合唱団の指揮者。音大を出た後、仕事がなく中学校の合唱クラブで代役として合唱指導をしたことが指揮者になるきっかけだ。娘二人が通っていた南中学校でも縁があり、PTAコーラスの指揮者を買って出た。その中のメンバーとは今でも自身が立ち上げ、指揮をする女声合唱団「スウィングロビン」で活動を共にする。「合唱三昧。皆さんの人生を変えてしまったかも」と笑う。

 ○…内気な幼少期。父が持つ歌謡曲や映画音楽など様ざまなレコードに没頭。そんなに音楽が好きなら、とピアノを習わせてくれた。小6の授業で聴いた「第九」に感動し、クラシックのとりこに。進学校に進むも高3の春、周りの友人らに勉強ではかなわないと感じ、好きなことをやろうと音大への道を模索。町田市の清島美代先生の門を叩いた。「実はピアノは小3でやめてしまって。それが功を奏したのかも。先生の勧めで声楽の道に進み、それを活かして合唱指揮者になっているので」と振り返る。

 ○…今の望みは自身の指揮にほれ込んでくれた知人が主催する音楽祭に出ること。海外渡航が解禁されてウィーンのシュテファン大聖堂で再び合唱の指揮をすること。全てを止まらせているコロナの収束と日常が戻ることを願ってやまない。

町田版の人物風土記最新6

福島 章恭(あきやす)さん

指揮者として4月17日に杜のホール橋本(相模原)でコンサートを開く

福島 章恭(あきやす)さん

成瀬が丘在住 58歳

4月8日号

庄司 光里(みさと)さん

4月5日(月)まで町田パリオで木版画展を開く

庄司 光里(みさと)さん

成瀬在住 46歳 

4月1日号

毛利 元亮(げんすけ)さん

Fリーグでチーム(ペスカドーラ町田)初の新人賞を獲得した

毛利 元亮(げんすけ)さん

茅ヶ崎市在住 19歳

3月25日号

永井 ゆずりさん

草木染や藍染作家として市内の古民家で初めての展示会を開く

永井 ゆずりさん

 鶴川在住 

3月18日号

大塚 治之さん

「ズーラシアンブラス」の生みの親

大塚 治之さん

町田市在住 59歳

3月11日号

高野(こうの) 菜々さん

令和2年度文化庁芸術祭賞の演劇部門新人賞を受賞した

高野(こうの) 菜々さん

 都内在住 31歳 

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク