町田版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

町田警察署 「特殊詐欺に気を付けて」 サザエさんらと啓発活動

社会

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena
あいさつに立つ吉田署長(中央)
あいさつに立つ吉田署長(中央)

 特殊詐欺被害撲滅キャンペーンが6月14日、町田警察署(吉田知成署長)と町田市の共催で行われた。まちだサポーターズや防犯ボランティア、シルバーポリスなど市民約40人がぽっぽ町田屋外広場に集合。原町田中央通り周辺で啓発用チラシを配布した。

 キャンペーン開始時には、警視庁防犯広報大使を務めるアニメキャラクター・フグ田サザエさんと磯野波平さん、FC町田ゼルビアのゼルビー、警視庁マスコットのピーポくんが登場し、場を盛り上げた。

 あいさつに立った吉田署長によると、町田署管内では昨年、110件の特殊詐欺が発生。被害額は合計約2億6000万円にのぼり、都内に102ある警察署の内、最も多かった。これを受け、町田署では詐欺被害撲滅を署の最重要課題に掲げ、検挙・抑止対策に取り組んできた。今年は6月13日時点で20件発生、昨年同時期で28件減。6割減少しているという。また、未然防止は33件(前年同時期8件増)、検挙は22件・10人。都内ではATMに誘導されてしまう「還付金詐欺」が多いが、町田市内では息子や孫を騙る「オレオレ詐欺」が多い特徴があるという。

 吉田署長は「詐欺の入り口となる家の電話に出ない対策が大切。常時、留守番電話に設定してほしい。また、ATMでは携帯電話を使用しない、させないというルールが定着するよう目指している。地域の皆様の協力いただければ」と話した。

町田版のローカルニュース最新6

「困窮者支援に役立てたい」

「困窮者支援に役立てたい」 社会

スーパーが市社協に寄付金贈呈

6月30日号

町田JCウクライナへ救援金

町田JCウクライナへ救援金 社会

50万円を市通じ赤十字へ

6月30日号

「文化こそ心の養生」

市文協

「文化こそ心の養生」 文化

落語文化に親しむ

6月30日号

下敷き配り、夢与え

下敷き配り、夢与え スポーツ

ゼルビア選手が小学校を訪問

6月30日号

慰霊の日、沖縄へ寄付

慰霊の日、沖縄へ寄付 社会

物産展「沖縄宝島」

6月30日号

生け花の祭典、3年ぶり

生け花の祭典、3年ぶり 文化

約1100人が花と語らう

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook