八王子版 掲載号:2015年10月8日号

10月31日(土)に開催される「ファミリーフェスinはちおうじみんなのキャンバス」の実行委員長をつとめる

西室 真希さん

北野町在住 33歳

広げて 子育ての選択肢

 〇…3歳、4歳の男児の子育てをしながらカフェを運営。嫁ぎ先である老舗呉服店の手伝いもする。カフェではあえて和装となり、若い世代へ「日本文化の発信」もする。昨年からはママ友らと家族向けのイベントを主催している。「情報を色々取り入れることで、子どもが伸びて育つための選択肢が広がる。それを探すのは親の役割」。当日は八王子駅周辺5会場に「おんぶ育児」「手染めこどもふく」「シュタイナー」など50近くのブースが登場。子育ての「発見の場」となる。

 〇…実家は寺院。弟が副住職を務める。夫は幼馴染。学年は違うが幼小中高とずっと同じ。友人の兄であり「お兄ちゃん的な存在」で、妹を2人持つ彼は「(3人目の)妹みたい」に可愛がってくれたそう。しかしある時、全く会わない時期が訪れる。「好きなのかも…」。出会って10年ほど、会えなくなって初めて恋愛感情に気が付いた。「結婚式の生い立ちVTRは一緒に映っているものばかりでした」

 〇…カフェ、手伝い、家事…多忙な暮らしは子どもに影響を及ぼした。昨年長男が突然、言葉が詰まるようになってしまった。「自分のせいだ」。そんな時、彼が動物好きであることを知る義理の妹がホースセラピーを紹介してくれた。「牧場に1晩泊まれたことが長男にとって良かった。世話をして『自分はお馬さんの頼りにされている』と感じたよう」。症状はなくなった。彼女の助言に救われた。この経験は周囲とつながることの大切さを改めて教えてくれた。

 〇…「みんなでつながっちゃおうよ」。そんな思いで昨年、イベントを企画した。ファミリーフェスとしているが、当初の案はママフェス。「やっていくうちに自分たちだけでじゃできない。パパがいないと、家族がいないと無理と思った。子育ては家族一丸で」。フェスタイトルの「キャンバス」を「人生」に例える。出会いや発見こそがキャンバスを彩り豊かにしていく。

八王子版の人物風土記最新6件

Meg(本多恵美)さん

1月13日に島田療育センターはちおうじの成人のお祝いで歌うシンガーの

Meg(本多恵美)さん

1月12日号

山田 恭之(やすゆき)さん

一般社団法人八王子青年会議所(JC)の第52代理事長になった

山田 恭之(やすゆき)さん

1月1日号

神辺(かんべ) 一善(かずのり)さん

古美術コレクターとして知られる

神辺(かんべ) 一善(かずのり)さん

12月15日号

池田 ヒロミさん

ナイーブ派の画家で、現代童画展で大賞を受賞した

池田 ヒロミさん

12月1日号

粕谷 和夫さん

30周年を迎えた「八王子・日野カワセミ会」会長を務める

粕谷 和夫さん

11月17日号

小楠(おぐす) アキコさん

11月3日から行われる「西八王子ハッピー太陽アート作品展」の画家

小楠(おぐす) アキコさん

11月3日号

関連記事(ベータ版)

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク