八王子版 掲載号:2015年10月8日号
  • googleplus
  • LINE

10月31日(土)に開催される「ファミリーフェスinはちおうじみんなのキャンバス」の実行委員長をつとめる 西室 真希さん 北野町在住 33歳

広げて 子育ての選択肢

 〇…3歳、4歳の男児の子育てをしながらカフェを運営。嫁ぎ先である老舗呉服店の手伝いもする。カフェではあえて和装となり、若い世代へ「日本文化の発信」もする。昨年からはママ友らと家族向けのイベントを主催している。「情報を色々取り入れることで、子どもが伸びて育つための選択肢が広がる。それを探すのは親の役割」。当日は八王子駅周辺5会場に「おんぶ育児」「手染めこどもふく」「シュタイナー」など50近くのブースが登場。子育ての「発見の場」となる。

 〇…実家は寺院。弟が副住職を務める。夫は幼馴染。学年は違うが幼小中高とずっと同じ。友人の兄であり「お兄ちゃん的な存在」で、妹を2人持つ彼は「(3人目の)妹みたい」に可愛がってくれたそう。しかしある時、全く会わない時期が訪れる。「好きなのかも…」。出会って10年ほど、会えなくなって初めて恋愛感情に気が付いた。「結婚式の生い立ちVTRは一緒に映っているものばかりでした」

 〇…カフェ、手伝い、家事…多忙な暮らしは子どもに影響を及ぼした。昨年長男が突然、言葉が詰まるようになってしまった。「自分のせいだ」。そんな時、彼が動物好きであることを知る義理の妹がホースセラピーを紹介してくれた。「牧場に1晩泊まれたことが長男にとって良かった。世話をして『自分はお馬さんの頼りにされている』と感じたよう」。症状はなくなった。彼女の助言に救われた。この経験は周囲とつながることの大切さを改めて教えてくれた。

 〇…「みんなでつながっちゃおうよ」。そんな思いで昨年、イベントを企画した。ファミリーフェスとしているが、当初の案はママフェス。「やっていくうちに自分たちだけでじゃできない。パパがいないと、家族がいないと無理と思った。子育ては家族一丸で」。フェスタイトルの「キャンバス」を「人生」に例える。出会いや発見こそがキャンバスを彩り豊かにしていく。

八王子版の人物風土記最新6件

小林 義典さん

東海大学医学部付属八王子病院(石川町)の病院長に就任した

小林 義典さん

7月19日号

秋山 美恵子さん

28日(土)、主宰するフラ教室の20回目となる公演に挑む

秋山 美恵子さん

7月12日号

金沢(かねざわ) 伸吾さん

甲州街道沿いの店と人を写真に収める自主プロジェクトで100人を撮影した

金沢(かねざわ) 伸吾さん

7月5日号

小金沢 一実(ひとみ)さん

4月から店舗を持たずに活動しているコミュニティ「ハニカムステージ」の代表を務める

小金沢 一実(ひとみ)さん

6月28日号

伊藤 哲朗さん

音楽に合わせ、人と犬が共に踊る「ドッグダンス」の世界大会出場が決まった

伊藤 哲朗さん

6月21日号

辻田 千里さん(バルーンアーティスト☆chisato)

3回目を迎えるワークショップ祭りの代表を務める

辻田 千里さん(バルーンアーティスト☆chisato)

6月14日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

八王子の「すごい人」 一堂に

八王子の「すごい人」 一堂に

8月2日 どりぃむフェスタ

8月2日~8月2日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク