八王子版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

八王子市長選 石森孝志氏が再選 投票率は32.60%

政治

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
当選した石森氏(1月24日午後10時10分頃)
当選した石森氏(1月24日午後10時10分頃)

 八王子市長選が1月24日に投開票され、現職の石森孝志氏(58・無所属)が、政治学者で元法政大学教授の五十嵐仁氏(64・無所属)を破り再選を果たした。

 投票率は32・60%(前回34・95%)。石森氏は自民、公明などの推薦、各種団体の支援を受けて立候補。中核市の権限をいかし、多摩のリーディング都市としてふさわしいまちづくりを掲げた。市長として活動した4年間の実績をアピールし、川口地区に予定している物流拠点については「北西部幹線道路・南バイパスの整備を促進」を訴えた。

 17日の出陣式には約800人が集まって選挙戦をスタート。支持を訴える中で関係者の1人は「選挙に対する市民の関心は薄い。過去の投票率を超えられるように動いている」と話していた。

「夢と希望を持てる街に」

 開票時刻の午後8時45分頃には石森陣営に続々と支持者が集まり票の行方を見守った。午後9時30分頃に速報で優勢が伝えられると拍手が沸き起こった。午後10時過ぎには当選を確信した石森氏が事務所に登場。事務所は歓声に包まれた。石森氏は「投票率が上がるか心配だったが、32・60%と、30%を超えてほっとしている。昨年中核市となり、そのメリットを市民に示していきたい。来年は市制施行100周年を迎える。市民が夢と希望を持てる街づくりを進めたい」とこれからの抱負を語った。

「切実な問題置き去り」

 今回初めて公職選挙に立候補した五十嵐氏は出馬表明後、開発優先から暮らし優先の市政への転換などを掲げ、街頭演説などで訴えてきたが届かなかった。

 開票当日夜、五十嵐氏は支持者たちと一緒に開票結果を待ちながら選挙を振り返った。1回目の速報結果で票差が開いていることを知ると事務所内の空気が沈み、2回目の速報を受けて敗戦の弁を語った。

 今回の結果を受けて五十嵐氏は「訴える時間が足りず投票率が低かった。選挙を通じて、現市政は前時代的な開発などが多く福祉などの切実な問題が置き去りになっていると感じた」と話した。

劣勢の速報を聞く五十嵐氏(午後9時30分頃)
劣勢の速報を聞く五十嵐氏(午後9時30分頃)

八王子版のトップニュース最新6

ゲンペイ多数 同時に舞う

ゲンペイ多数 同時に舞う 社会

ホタル 川町で「貴重な光景」

7月9日号

小池氏が再選

都知事選

小池氏が再選 政治

市民「コロナ対策に力を」

7月9日号

高尾山の物語 日本遺産に

高尾山の物語 日本遺産に 文化

都内初 「明るいニュース」

7月2日号

2m離れて Tシャツで啓蒙

2m離れて Tシャツで啓蒙 社会

印刷会社が製造、販売

7月2日号

核廃絶訴え活動 

鑓水上田さん

核廃絶訴え活動  社会

3歳で被爆 「使命感ある」

6月25日号

市内AED配備に一役

八王子実践高恩田さん

市内AED配備に一役 社会

消防団のつめ所、提案

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク