八王子版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

JA八王子パッションフルーツ生産組合の組合長を務める 澤井 孝行さん 高月町在住 52歳

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena

土の上の研究者

 ○…「八王子に特産品がないなら、作ればいい」。そんな思いから2013年に部会を発足。現在、10人の若手農家が参加している。それから3年、様々なメディアで取り上げられ、加工品の開発も進んでいる。「まだ特産品とまではいかないが、将来的に八王子を代表する農作物にしたい」。パッションフルーツを使った酒やジュースの販売の予定もあり、少しずつ認知が広がっている。

 ○…最初の栽培は7年ほど前。隣の畑の若手生産者から声をかけられたのがきっかけだった。1年目はあまり結果が出せなかった。「父にビニールハウスを使わせてもらったのに。このままでは引き下がれない」。そこから本腰を入れて育て始めた。「組合長に推されたのは最年長だから」と冗談めかすが、今でも研究熱心なのは人一倍。昨冬はビニールハウスに暖房を入れて初めての越冬に挑戦。燃料費はかかったが、「木が強くなるし冬実も採れる。夏実も早く出荷できる」。新たな感触をつかんだ。

 ○…バブルの絶頂期に大学院を修了し、電子部品の研究員として勤務した。タッチパネルの研究もするなど時代の花形職種だった。それでも「どこかで継ぐことを意識していた」。時代は流れ、研究所の閉鎖で地方勤務の可能性が出てきたことから、実家から通える範囲の出版社に転職。会社員生活の20年のうち、10年が研究員であとの10年が雑誌の編集者。農業を継いだのが44歳のとき。「父が元気なうちに教えてもらうには最後のチャンスだった」

 ○…「育て方はまだ分からないことが多い」。だからこそ、研究によってこの分野をリードできる可能性もある。既存の農作物が価格競争にさらされ手間の割には利益が少ない状況の中で、パッションフルーツは若手農家にとって大きな希望だ。編集者時代に身につけたPR力を生かして売り場でポップを作って宣伝するなど会社員時代に培った能力を最大限にぶつける。

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

八王子版の人物風土記最新6

滝島 凜夏さん

JCI JAPANグローバルユース国連大使として10月から活動を始めた

滝島 凜夏さん

犬目町在住 17歳

10月21日号

橋本 圭司さん

中町の新しいマップを作成した中町地区まちづくり協議会の会長を務める

橋本 圭司さん

北野台在住 60歳

10月14日号

藤本 あや子さん

書真会師範で一文字チャリティ活動を行っている

藤本 あや子さん

山梨県都留市在住 

10月7日号

安藤 翼(そら)さん

ジュニアテニス関東予選で準優勝し、10月に行われる全国大会の出場を決めた

安藤 翼(そら)さん

小比企町在住 13歳

9月30日号

小林 結花さん

6月に発足したアニマルフードサポート八王子の発起人

小林 結花さん

高尾町在住 62歳

9月23日号

志茂 崇弘さん

ギター、ウクレレ職人で来月、初めて作品の写真集を刊行する

志茂 崇弘さん

鑓水在住 63歳

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook