八王子版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

自身の生き様が描かれた映画が、閉館となる「ニュー八王子シネマ」の最後を飾ることとなった「あっちゃん」こと イノウエ アツシさん 本町在住 52歳

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena

生き様「表現」し、勇気後押し

 ○…「本当に光栄なこと」――。八王子を代表するパンクバンドをヴォーカリストとして引っ張ってきた。そのグループの30周年記念として製作した自身の日常を描いた映画が「ニュー八」の愛称で親しんできた館の最後を飾ることに感謝の気持ちをもっている。バンドマンとして活躍する一方、普段は駄菓子屋の店長――。そんな「変わり者」を描いた作品をみんなに笑ってもらいたいと願う。「こんな男でも夢を追えるなら、自分も、という気持ちになってもらいたい」

 ○…バンドマンとしての”デビュー”は高校3年の時。学校の文化祭で仲間と「ノリ」で舞台に立った。自身が発する言葉に合わせて観客が「乗り」、叫ぶと何倍もの声が返ってきた。「気持ち良かった」。幼い頃、コミックバンドのザ・ドリフターズに憧れ、友だちを笑わせることに生きがいを感じていた少年が天職に出会った時だ。プロとして活動を開始してからは、ピエロの衣装をまとい、「夢を諦めるな」というメッセージを送り続けてきた。

 ○…「すみません」。それが母親と営む駄菓子屋の店長としての口癖だ。子どもの頃から店番などの手伝いをしてきたため、商売人としての腰の低さが身についている。「バンドマンとして、もっと破天荒にしていた方が良いと思うんですけどね」。そう話しながらも、商売人としての誇りは強い。ステージで「受ける」アイデアの源が「お客さん視点」で物事を捉えることにあることを知っているためだ。

 ○…上映作品では、編集に一切関わらずに自分の全てをさらけ出したという。滑舌が悪いため、会話シーンでは字幕が入ることも。資金はWEBで出資者を募るクラウドファンディングを活用。目標額の2倍を超える金額が集まった。「みんながつくってくれたようなもの。仲間は私の宝物」。周囲を愛し、それをストレートに表現できるからこそ、愛される。それが道化師”あっちゃん”最大の魔法だ。

八王子版の人物風土記最新6

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

山下 善弘さん

9月7日・8日に開催する「躍れ西八夏まつり」の実行委員長を務める

山下 善弘さん

千人町在住 72歳

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高尾山で謎解き

八王子JC

高尾山で謎解き

20日スタンプラリー 参加無料

10月20日~10月20日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク