八王子版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

市内を中心に“月一ライブ”を始めた4人組バンド「フラチナリズム」のリーダーを務める モリナオフミさん 市内在住 34歳

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

真似から「魅力」生む創造者

 ○…2015年にメジャーデビュー。歌あり、笑いありのマルチバンドをヴォーカル兼エンターテイナーとして引っ張ってきた。「メンバーにはサポートしてもらいっぱなしです」。ゼロから企画を生み出すのが自分。仕上げるのが仲間たち、という関係性だ。今月から始めた”月一ライブ”企画も自ら発案。これまでは「何でも」仕事を受けてきたが、自分たちから発信するものを、と企画。飛躍の足掛かりにしたい考えだ。

 ○…ものまねタレントとしても活躍中。低音のため、歌手の福山雅治などがレパートリー。真似ることは、自身の芸能活動を支える力そのものだ。普段から出会う一人ひとりの特徴、仕草を観察し、吸収。ものまねだけでなく、パフォーマンス全般に生かしている。「情報収集も欠かしません。多くのことを知りたくて仕方がないんです」。その貪欲さがマルチな活動の源となっている。

 ○…高知県出身。お調子者な、子どもだった。自分が笑えば、相手も笑顔になる。自身の望む環境は自分でつくらなければならないと、友だちの前で”おちゃらける”一方で冷静な目をもっていた。たまたま耳にした、姉が聴いていた音楽ユニットの歌声に魅了されたのが歌に興味をもつきっかけに。「凄いパワーを感じた。自ら歌えば、力を得ることができるのではないかと思った」。以来、歌うことで目立つ、それが自身の歩む道となった。

 ○…八王子が今の自分たちを生んでくれた、と話す。市内の飲食店などで”流し”を行い知名度が上がっていったことがデビューにつながったと。「横のつながりが強く、流しにいく度に、次の場所を紹介してもらった。情に熱い人ばかり」。その恩返しのためにも、目標である単独武道館ライブの実現を目指す。「天才だから達成できたと言いたいですね」。ものまねの練習、体幹トレ…、かげの努力を見せず、天才を「真似」ながら近づいていくつもりだ。

八王子版の人物風土記最新6

長谷川 薫さん

東京都のコンペでテーマ賞を受賞した(株)葵製作所の代表取締役を務める

長谷川 薫さん

日野市在住 47歳

1月27日号

澤井 伸(しん)さん

澤井織物工場の代表で昨年秋、黄綬褒章を受章した

澤井 伸(しん)さん

高月町在住 71歳

1月20日号

松本 薫さん

解説業などで活躍するオリンピック・柔道メダリストの

松本 薫さん

多摩市内在住 34歳

1月13日号

佐々木 尽さん

新成人の1人で、南町にある八王子中屋ボクシングジム所属のプロボクサー

佐々木 尽さん

別所在住 20歳

1月6日号

菊嶌 太士(たいし)さん

一般社団法人八王子青年会議所(JCI)の第57代理事長になった

菊嶌 太士(たいし)さん

大和田町在住 38歳

1月1日号

山下 力人さん

環境省グッドライフアワードを受賞した下恩方町の造園業「やましたグリーン」の代表を務める

山下 力人さん

下恩方町在住 44歳

12月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook