八王子版 掲載号:2018年7月5日号
  • LINE
  • はてぶ

甲州街道沿いの店と人を写真に収める自主プロジェクトで100人を撮影した 金沢(かねざわ) 伸吾さん 大和田町在住 51歳

「故郷」の姿を切り取る

 ○…「口が達者でない分、写真で表現したかったのかも」。子どもの頃、親の転勤で何度も引っ越しをした。生まれは秋田だが、幼稚園の頃は札幌。「引っ越しは嫌でしょうがなかった。人付き合いは苦手な方」。故郷と呼べる場所がないと感じていた。結婚を機に八王子で暮らし始めたのは20年ほど前になる。2人の娘にとっては八王子が故郷だ。甲州街道沿いの店舗は「寂れている印象」だった。それが興味に変わっていった。「何のお店か分からないところもある。どんな人が中にいるんだろう」。写真のテーマを探すうちに、八王子が自身にとっての故郷に変わっていったように感じている。

 ○…仕事では技術畑を歩んできた。コニカミノルタに入社した当時は、まさにデジカメが登場してきた頃。最初は35万画素のカメラを数社が出している程度だったのが、技術革新のスピードは速く、10年もしないうちに500万画素のカメラが登場するように。「泊まり込みもあり、大変だったが、仕事としては一番面白かった」と振り返る。

 ○…写真でプロを目指したこともある。趣味のスキューバダイビングを通じて水中写真を撮るようになり、ダイビング雑誌の写真コンテストで大賞を受賞した。それを機にプロになろうと思ったが、師匠との折り合いがつかずに数カ月で断念。以来、撮影からは遠ざかった。

 ○…再開したのは7年ほど前。アラーキーこと写真家の荒木経惟さんの作品を見て「生きること。死ぬことを表現している」と感銘を受けた。自身でもモノクロ写真が中心になった。「プロにはならない」。そう決めてから「自分の好きなものを撮る」ことを意識している。しかし、定年を考えるようになってきた最近では「プロもいいかな」。次の目標があるようだ。

八王子版の人物風土記最新6件

川久保 美紀子さん

一般社団法人フードバンク八王子の理事で、子どもの食について支援活動をする

川久保 美紀子さん

11月15日号

森屋 義政さん

国際ロータリー第2750地区ガバナー補佐として多摩南グループでパイプ役を務める

森屋 義政さん

11月8日号

吾妻 優さん

11月18日に横山町公園で行われる「アニソンバトル」を主催する

吾妻 優さん

11月1日号

小山 靖昭さん

東京都功労者表彰(教育部門)を受けた

小山 靖昭さん

10月25日号

植草 歩さん

大塚の帝京大学を拠点に、空手(組手・女子68キロ超級)で2020年東京五輪・パラリンピックを目指す

植草 歩さん

10月18日号

中村 忠正さん

12月に開催する「第6回八王子ShortFilm映画祭」の実行委員長を務める

中村 忠正さん

10月11日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク