八王子版 掲載号:2018年8月2日号
  • LINE
  • hatena

シンガーソングライターで8月8日にメジャーデビューする 冨永 裕輔さん 市内在住 34歳

歌う 感謝と戦う気持ちで

 ○…ドームで国歌斉唱もする。地元九州、ヤフオクドームの舞台に5度あがったことがある。「あの場で君が代を歌うのはやはり特別なものがありますね」。そんな実力派が「八王子から」デビューする。昨年10月に開局した地元FMによるレーベルの第1弾アーティストとしてCDが発売される。艶のある「クリスタルハイトーンボイス」が武器。オリコン上位入りをめざし市内をはじめ全国で盛んにPRする。

 ○…北九州市の出身。小学校の合唱コンクールのときのこと。「先生が『頭から響かせるように』と教えてくれたんです」。これがきっかけで「美しい声で歌いたい」と思うように。ピアノは幼少の頃から習っており、高校のとき文化祭で弾き語りをした。そこで大きな拍手をもらい、「ステージを追い求めていきたい」と音楽の道を志した。

 ○…「いい曲なのはわかるけど…」。大学卒業後、レコード会社へ売り込みをするもいつもお決まりの断り文句。「このままでは難しいな」と帰郷を決意。実家に戻り改めてふるさとの良さ、ありがたさを見直した。その思いを歌にしNHK北九州局の周年企画に応募すると見事採用に。その曲「ひまわりの花」は地元の小学校で合唱されるほど人気となった。九州で7年過ごし再び上京。FM開局にあわせ、初めてライブを開いた場所がある「八王子」へむかった。

 ○…ソフトバンクの和田毅投手と親交がある。3つ上の先輩は早稲田大学時代「憧れのスター」だった。「歌でプロになればいつか会える」。そんな思いで精進した。縁もあり次第に距離が近づき昨年、「登場曲を書いてくれたら嬉しいな」と依頼を受けた。今もドームに流れる楽曲「WAR」。♪戦いの瞬間が今始まる――。「感謝の思いと戦う気持ちで歌っていきたいです」

八王子版の人物風土記最新6件

伊藤 洋平さん

家具職人で八王子観光PR特使になった

伊藤 洋平さん

3月21日号

佐怒賀(さぬが) 理子さん

八王子FCアトリースのゴールキーパーで、都女子サッカー連盟の優秀選手として表彰された

佐怒賀(さぬが) 理子さん

3月14日号

山本 幸久さん

昨年、JR東日本の関連会社などが主催する「エキナカ書店大賞」を受賞した

山本 幸久さん

3月7日号

駒津(こまつ) 栄雄さん

昨年、都の功労者として福祉・医療・衛生の分野で表彰を受けた

駒津(こまつ) 栄雄さん

2月28日号

江原 直子さん

途上国での英語指導を経て、市内に教室を開いた

江原 直子さん

2月21日号

石塚 太一さん

八王子市医師会の会長を務める

石塚 太一さん

2月14日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク