八王子版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

八王子が「都農業」育成地に 来春、「市へも好影響」との声

社会

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena

 来春、八王子が東京農業の担い手づくりの拠点となる。先月から、都が募集を開始した新規就農者向けの研修地として大谷町の都有地が使用されるもので、「八王子の農業への起爆剤になる」など、期待を寄せる声が市内からあがっている。

 研修場となるのは、都立小宮公園近くの約2万平方メートルに及ぶ都有地。都は先月から研修生の募集を開始し、面接などを経て来年2月末までに5人程度の1期生を決定する予定。研修は来年4月からスタートし、2年間で農作業の基礎技術や就農に向けた知識を研修生らに身につけてもらう計画を都は立てている。

 担当する都の松川敦農業振興課長は「都から講師を派遣しノウハウを伝授していく。適切な広さのある都有地があったことなどから八王子を研修場に選んだ。農作物の生産量が都内で一番多い地域であることも良かったと思っている」と話し、毎年1年ごと、研修生を募集していく計画という。「この地から、東京農業を引っ張ってくれる人材が出てきてくれればと思います」

起爆剤として期待

 この事業によって期待されるのが、市内農業への起爆剤としての効果だ。市内初の新規就農者である舩木翔平さんは「八王子に農業を学べる場ができるのはうれしいこと。卒業後は八王子で農業を始めてもらいたい。市内に新規就農者が増えることは既存農家にとって刺激になると思います」と話し、消費者を巻き込んだ農業に関わるイベントを開くなど、八王子農業に「新しい風」をふかしてほしいと期待を寄せる。そして、「野菜の販売先が限られているなか、そのような仕掛けをしないと農家として生き残れないということもあります」と先輩としてのアドバイスも。

 また、「現在、市内でも新たに農業に取り組む人を対象とした農業塾を開いている。そのメンバーらと交流し、一緒に八王子の農業を盛り上げるようになれば」と話すのは市の担当者。個人で作業を進めることが多い農家にあって、横のつながりを広めるきっかけの一つになる可能性がある、と今回の事業開始を歓迎している。

10日まで募集

 都は今月10日(火)まで研修希望者を募集する。18歳以上で、年間200日以上研修を受けることのできる人。就農意欲が高く、都内で独立を目指す、などの条件がある。「東京農業を引っ張っていきたい、という方をお待ちしております」

 詳細は東京都・農林水産部【電話】03・5320・4814へ。

「八王子に農業を学べる場ができるのはうれしいこと」と話す舩木さん
「八王子に農業を学べる場ができるのはうれしいこと」と話す舩木さん

八王子版のトップニュース最新6

高尾トレランに「待った」

市内小林さんら

高尾トレランに「待った」 社会

マナー向上呼びかけ

1月23日号

シェアサイクル導入検討

八王子市

シェアサイクル導入検討 社会

4月から実証実験

1月23日号

物流拠点づくりスタート

物流拠点づくりスタート 経済

川口地区 丘陵地172ha

1月16日号

食育PVを制作

子育て応援企業

食育PVを制作 教育

食の現場、工程知って

1月16日号

「東京のそば」誕生

「東京のそば」誕生 社会

2月下旬から八王子でも

1月9日号

市内3社が受賞

多摩ブルー・グリーン賞

市内3社が受賞 経済

3D、海外人材、植木の里親

1月9日号

「不死身の樹木」140年

南大沢八幡神社

「不死身の樹木」140年 社会

火災から復活 拠り所に

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク