八王子版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

災害時 医院が避難所に 長房町 自治会長「心強い」

社会

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
バルクを案内する渡邉院長=右=と見学に訪れた長房自治会の会員。左から3人目が松葉会長
バルクを案内する渡邉院長=右=と見学に訪れた長房自治会の会員。左から3人目が松葉会長

 長房自治会(松葉浩充会長)の会員が2月20日、地域内にある渡辺医院(長房町)を訪れ1月に設置した災害対応型LPガスバルクを見学した。この災害バルクはエネルギー(ガス)の大きな保存庫のようなもので発電機などにガスを供給できる。同医院は災害の際、医院を「避難所」として機能させる狙いもありこの設備を導入した。松葉会長は「高齢化率が高い地域なので、とても心強い」と喜んだ。

ガスバルク設置 停電の際、発電昨年覚書交わす

 同自治会と同医院は昨年6月に「災害時における避難所等の施設利用」について覚書を交わしている。

 覚書では医院1階と地下1階、また駐車場の一部を避難所として利用できるとした。設備としてはトイレ、冷暖房設備、炊事場、非常用電源、屋外照明。昨年10月からの工事が終わったことを受けこのほど、施設のお披露目にと同医院渡邉東(あずま)院長が会の3人を招いた。

 渡邉院長がこのような地域貢献を思い立ったのは1年ほど前のこと。知人の紹介を受け災害バルクの導入を検討し始めたのがきっかけだ。

 渡邉院長は呼吸器の専門医であり、人工呼吸器を必要としながら暮らす複数の市民を診ている。そのような患者は停電時、家庭で用意している発電機から電源をとるが、それらはたいてい「数時間しかもたない」ものという。昨年の台風の際は、人工呼吸器を必要とする患者の家が停電となり、その患者はあわてて市内の医院へ駆けつけたことがあったそう。

「1週間過ごせる」

 今回導入したバルクは家庭用LPガスおよそ10本分にあたる500kgのガスが入るもの。他に発電機(9・9kw)、空調機を設置した。施工した(株)日本エネルギー(左入町)によると「ガスが満タンの場合、24時間フル稼働しても1週間は過ごせる」そう。これにより停電時でも人工呼吸器を必要とする患者に適切な対応が可能となった一方、覚書を交わしていることで地域住民は医院の一部を「避難所」として利用できるようにもなった。渡邉院長はこの設備投資を「50年以上お世話になっている地域のために貢献ができれば」とし、今後は「井戸を掘りたい」と意欲的だ。

 このような取り組みについて八王子市医師会は「これまで聞いたことがない」と話した。松葉会長は「避難所として市民センターがあるが停電への備えは十分ではない」とし、「渡邉さんは地域全体をみてくれた。安心が増えて良かった」と感謝した。

院内には通常の電力で動く空調機(右側)に加え、ガスエネルギーによるもの(左)を設置した
院内には通常の電力で動く空調機(右側)に加え、ガスエネルギーによるもの(左)を設置した

八王子版のトップニュース最新6

「LGBTについて知って」

「LGBTについて知って」 社会

市内で取り組み活発化

4月2日号

住宅地に群生

片倉城跡のカタクリ

住宅地に群生 社会

「名所」定着 一方で悩みも

3月26日号

小仏川に古生代の化石か

小仏川に古生代の化石か 文化

棘皮動物「ウミユリ」と推測

3月26日号

地域 ブランド化し発信

商店会NPO

地域 ブランド化し発信 文化

グッズ等製作 魅力向上へ

3月19日号

「人の魅力」伝え70年

元八王子町新制作座

「人の魅力」伝え70年 文化

市内高校生らに指導も

3月19日号

コロナ 終息願い

産千代稲荷神社

コロナ 終息願い 文化

「できることを」 特別神事

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク