八王子版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

八王子市 魅力語れるように 職員へ「ブランド本」配布

社会

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
持ち運びやすいサイズの「みちBOOK」
持ち運びやすいサイズの「みちBOOK」

 八王子市のブランディングなどを行う市都市戦略課は、職員向けに市のブランドブックとする「みちBOOK」を7月20日から配布している。2018年に制定されたブランドメッセージの「担い手」としての意識を醸成することなどが目的だ。

一層発信必要 背景に「採用」も

 みちBOOKには他市に先駆けて行った過去の施策や、職員がやりがいを感じた経験のインタビュー、市に関する豆知識などが掲載されている。名称はブランドメッセージ「あなたのみちを、あるけるまち。」にちなんで付けられた。

 全54ページ、全面カラーで昨年から企画し、約1年かけて作られた。5000部作成され、市の職員と市内学校長、副校長に配布される予定だ。市民は公式ホームページから読むことができる。

 担当した同課中正由紀課長は、「みちBOOKに書かれている、他の職員の経験談を読むことを通じて、職員自身の言葉で、市の魅力を語れるようになってほしい。同僚との会話や、市民の方との話題になる内容も盛り込まれている」と話す。

選ばれるために

 ブランドメッセージは八王子の魅力を一言で表すもので、めざすまちの姿を宣言する言葉。シティープロモーションを目的につくられた。

 一方、コロナの影響などで今後、「都市部から八王子市のような郊外へ、働く場所や住む場所の選択肢が広がっていくことが予想される」としている。

 そこで今回、市ではまちの魅力を一層発信していくことが大切と考えた。その取り組みのひとつが職員への啓発で、みちBOOKはそのためのアイテムとして用意した。

 市は08年に市民参加条例を策定し、市民の声を取り入れながらまちづくりを行うことをめざすとしている。その上で職員は窓口担当のみならず、「全員」が市民とかかわるとされる。職員自らが市に関心を持ち、全員が魅力を発信する担い手になることが重要と考えられている。

 みちBOOKは8月4日にウェブで行う市の職員説明会でも利用される。一部を抜粋して紹介し、八王子市と他市との違いをアピールする。検討する人は近隣の都市と比べることもあるようで、市はプロモーション活動に活用する。

 今回の配布について市職員の30代男性は「市外出身の職員にとっては気が付きにくい魅力や文化もある。そういった人に対して視点を共有することができるのではないか」と話した。

サイトも刷新

 なお発信強化の取り組みとして7月20日、公式シティプロモーションサイトも新しくなった。地域活動に携わる市民や市内出身タレントへのインタビューなどが掲載されている。

八王子版のトップニュース最新6

バスケ選手が「勤務」

バスケ選手が「勤務」 スポーツ

引退後備え 地元で経験

9月23日号

ふるさと納税が好調

八王子市

ふるさと納税が好調 経済

返礼品見直しで7倍に

9月23日号

インターハイ競泳 初優勝

八王子高岡村さん

インターハイ競泳 初優勝 スポーツ

今夏、急成長し自由形で

9月16日号

美談で終わらせないで

「らしい時間」奪われる

美談で終わらせないで 社会

「幼き介護者」 経験者が訴え

9月16日号

私学8校で合同発表会

私学8校で合同発表会 教育

10月 中1生がプレゼン

9月9日号

内水氾濫マップ新しく

八王子市

内水氾濫マップ新しく 社会

独自調査加え 対象地域に

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook