八王子版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

社会人女子バスケ Wリーグ目指す 昨年創設チーム 活動再開

スポーツ

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
東京シルキーエアーズのメンバー(前列)とスタッフ
東京シルキーエアーズのメンバー(前列)とスタッフ

 設立1年目で都リーグで優勝した八王子を拠点とする社会人女子バスケットボールチーム「東京シルキーエアーズ」=人物風土記に関連記事。女子バスケのトップリーグであるWリーグ参戦という目標に向け、コロナ禍で中断されていた練習をこのほど再開した。

 大切な試合を落として上位リーグの東日本地域リーグへの推薦の話は流れたものの、1年目の昨年は都リーグ戦で優勝(4チーム)。チームとして手応えを感じている。攻守のバランスの良さが特徴で、選手は練習生も含めて8人。

 コロナの影響で5月から始まる予定だった大会は延期になった。2月から7月までは練習もできなかった。現在はコロナ対策をしつつ、市内の中学校で週に3回の練習をしている。10月には大会が開催される可能性があり、それに向かってモチベーションを高めている。

 都リーグの上には地域リーグがあり、その先にWリーグがある。

 チームを運営するのはシルキーエアーズ合同会社(寺田町)。アマチュアのチームで会社の事業として行っているのは珍しい例だという。市内に本社や営業所を持つ3社がスポンサーとなっている。代表の林勝彦さん(76)は「最初からWリーグで戦うつもりだったので、安定的に運営するために会社にした」と話す。きっかけはバスケ経験者の副代表の青木司郎さん(71)の提案による。林さんは30年以上、ゴルフ場の経営に携わってきた。その経営力を信頼した青木さんが林さんを頼り、林さんは青木さんの熱意を買った。チーム名は絹産業で栄えた八王子から「シルキー」を。「八王子から羽ばたく」という意味で「エアーズ」とした。

地元を意識

 「八王子のチームでWリーグを戦う」ことが設立時からの目的と地元への意識は高い。一昨年の11月に行ったトライアウトでも参加は市内勤務か在住が条件となった。また、できるだけ選手に八王子で働いてもらうために、スポンサー企業への人材斡旋もしている。「全国強豪の第一中があるなど八王子はバスケが盛ん。将来的には彼女たちが大学を出て、選手として戻ってこられるようなチームにしたい」と青木さん。地域チームとして認知してもらえるよう、来年にも地元の子どもたちを集めたバスケ教室の開催など考えている。詳細はチームのホームページ(https://802ladies.hit-hp.com/)で確認を。

八王子版のトップニュース最新6

五中 夜間学級を知って

五中 夜間学級を知って 教育

「必要な人へ」 連絡会が活動

3月4日号

自宅で専門店の味を

コーヒー10店舗

自宅で専門店の味を 文化

ネット販売 2週間限定

3月4日号

三多摩大会で優勝

八王子スマイリーズ

三多摩大会で優勝 スポーツ

野球女子選抜 12年目で初

2月25日号

南多摩エリアの情勢は

衆院選

南多摩エリアの情勢は 政治

時期次第で都議選影響も

2月25日号

アジア大会で2つの金

アジア大会で2つの金 文化

ピアノ 小6小石君

2月18日号

コロナで生活苦「相談して」

コロナで生活苦「相談して」 社会

26、27日 弁護士ら対応

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

お問い合わせ

外部リンク