八王子版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

寺院等に版画を寄贈する一方、先月市内のセンターで北条氏照の大作を展示した 大塚 雅春さん めじろ台在住 77歳

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena

作品も喜んでいる

 ○…「刃物を使うことで、快い緊張感に包まれ、精神が研ぎ澄まされていく。武士のような気持ち」。若い時は板を焼くなど凹凸を作るために色々な方法に挑戦した。「ただ、どれもしっくりこず。素朴に刀で彫って削る基本的な技法に戻りました。一番自分に合うのでしょう」。およそ2メートルの迫力ある作品を30点ほど手掛けてきており、それらは市内の寺院などへ寄贈している。

 ○…新潟県の出身。8人きょうだいの「下から2番目」で、「自由にさせてもらった」そう。内気な性格で絵を描くのが好きだった。大学も美術を専攻。教員を志したのは「子どもたちと遊んでいられる」と思ったことが大きかった。ただ、地元の雪国の環境は体に堪え、20代でリュウマチを患った。医師の勧めで「気圧の異なる」都心へ転居。その後、八王子に移り住み、定年まで市内で教鞭をとった。

 ○…仏教に興味を抱くようになり、それが版画制作の起点となる。「特に羅漢、経典の言葉から版を起こすようになりました」。その中で「脚下照顧」という言葉に出合う。「自分の住んでいる地域に目を向けなければ」と悟り、ここ20年間は北条氏照をはじめ、大久保長安など八王子の歴史にちなんだテーマを選んでいる。

 ○…3人の子どもは家を離れ、今は夫人と2人で暮らす。「大作」はかつて恩方に構えたアトリエで制作したが、現在のその場は「自宅」。最近では児童書のカットを任されることも。「版画は江戸時代、庶民の娯楽でした」。令和の世では目にする機会はめっきり減ったが先月、市内で展示をすると大変反響があり驚いた。「多くの人にお会いできて氏照公(作品)も喜んでいるはず」。その表現から創作への愛が伝わってくる。

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

八王子版の人物風土記最新6

滝島 凜夏さん

JCI JAPANグローバルユース国連大使として10月から活動を始めた

滝島 凜夏さん

犬目町在住 17歳

10月21日号

橋本 圭司さん

中町の新しいマップを作成した中町地区まちづくり協議会の会長を務める

橋本 圭司さん

北野台在住 60歳

10月14日号

藤本 あや子さん

書真会師範で一文字チャリティ活動を行っている

藤本 あや子さん

山梨県都留市在住 

10月7日号

安藤 翼(そら)さん

ジュニアテニス関東予選で準優勝し、10月に行われる全国大会の出場を決めた

安藤 翼(そら)さん

小比企町在住 13歳

9月30日号

小林 結花さん

6月に発足したアニマルフードサポート八王子の発起人

小林 結花さん

高尾町在住 62歳

9月23日号

志茂 崇弘さん

ギター、ウクレレ職人で来月、初めて作品の写真集を刊行する

志茂 崇弘さん

鑓水在住 63歳

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook