八王子版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

寺院等に版画を寄贈する一方、先月市内のセンターで北条氏照の大作を展示した 大塚 雅春さん めじろ台在住 77歳

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena

作品も喜んでいる

 ○…「刃物を使うことで、快い緊張感に包まれ、精神が研ぎ澄まされていく。武士のような気持ち」。若い時は板を焼くなど凹凸を作るために色々な方法に挑戦した。「ただ、どれもしっくりこず。素朴に刀で彫って削る基本的な技法に戻りました。一番自分に合うのでしょう」。およそ2メートルの迫力ある作品を30点ほど手掛けてきており、それらは市内の寺院などへ寄贈している。

 ○…新潟県の出身。8人きょうだいの「下から2番目」で、「自由にさせてもらった」そう。内気な性格で絵を描くのが好きだった。大学も美術を専攻。教員を志したのは「子どもたちと遊んでいられる」と思ったことが大きかった。ただ、地元の雪国の環境は体に堪え、20代でリュウマチを患った。医師の勧めで「気圧の異なる」都心へ転居。その後、八王子に移り住み、定年まで市内で教鞭をとった。

 ○…仏教に興味を抱くようになり、それが版画制作の起点となる。「特に羅漢、経典の言葉から版を起こすようになりました」。その中で「脚下照顧」という言葉に出合う。「自分の住んでいる地域に目を向けなければ」と悟り、ここ20年間は北条氏照をはじめ、大久保長安など八王子の歴史にちなんだテーマを選んでいる。

 ○…3人の子どもは家を離れ、今は夫人と2人で暮らす。「大作」はかつて恩方に構えたアトリエで制作したが、現在のその場は「自宅」。最近では児童書のカットを任されることも。「版画は江戸時代、庶民の娯楽でした」。令和の世では目にする機会はめっきり減ったが先月、市内で展示をすると大変反響があり驚いた。「多くの人にお会いできて氏照公(作品)も喜んでいるはず」。その表現から創作への愛が伝わってくる。

八王子版の人物風土記最新6

赤木 省三さん

八王子市消費生活啓発推進委員会の会長を務め、初のオンライン「WEB八王子市消費者生活フェスティバル」を開催している

赤木 省三さん

打越町在住 73歳

3月4日号

坂本 多佳子さん

若手演奏家を派遣する事業を展開し、このほど映像作品の制作に取り組んだ

坂本 多佳子さん

大磯町在住

2月25日号

フォファナ・ママドゥさん

B3リーグに所属するプロバスケチーム「東京八王子ビートレインズ」に入団した

フォファナ・ママドゥさん

市内在住 23歳

2月18日号

岡部 眞弓さん

3月に市内でコンサートを企画する夢空間ラ・ムシカの代表を務める

岡部 眞弓さん

椚田町在住 70歳

2月11日号

今村 博明さん

地域文化功労者表彰を受けたバレエ団(株)B.シャンブルウエストの総監督を務める

今村 博明さん

上野町在住 70歳

2月4日号

清水 香さん

「“もしも”に備える新しいお金の使い方」を出版した

清水 香さん

八日町在住 52歳

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

お問い合わせ

外部リンク