八王子版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

富士森公園上柚木公園 市内2球場 新愛称に スリーボンドが命名権

社会

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena
スリーボンドベースボールパーク上柚木(上)とスリーボンドスタジアム八王子(下)
スリーボンドベースボールパーク上柚木(上)とスリーボンドスタジアム八王子(下)

 八王子市が募集していた富士森公園(台町)と上柚木公園(上柚木)の両野球場のネーミングライツ・スポンサーに(株)スリーボンド(南大沢)が決定した。命名権料は、施設維持やスポーツ振興などに活用される。

 新しい愛称は「スリーボンドスタジアム八王子」(富士森公園野球場)と「スリーボンドベースボールパーク上柚木」(上柚木公園野球場)。命名権料は富士森が年額500万円、上柚木が200万円。使用期間は6月1日から5年間。

 富士森公園野球場は、2016年から5年間にわたって大和ハウス工業(株)南多摩支店(南大沢)が命名権を取得し、ダイワハウススタジアム八王子の名称が使われてきた。上柚木公園野球場にとっては、初のネーミングライツ導入となる。

「地元に恩返し」

 スリーボンドは、江東区創業(1955年)だが67年、市内の狭間町に、2015年、南大沢に移転した。今回のネーミングライツに関わった営業本部本部長の宮内強史さんは「八王子で50年以上と縁も深くなっており、我々なりの恩返し」と話す。

 2年ほど前から「次は手を挙げたい」と考えてきたという。2球場は「セット」ではなかったものの「『どうしても欲しい』という意思表示」として名乗り出た。その理由として「BtoB企業なので知名度の向上が課題」として、今回のネーミングライツは「絶好のコマーシャル」と話す。

 また同社には軟式野球部があり、軟式界でもっとも権威のある「天皇賜杯」で準優勝(13年)したこともある。かつては硬式野球部もあり、1985年には都市対抗野球大会に出場した歴史もある。

 「いずれ『幼い頃、あそこで野球しました』という学生が就職活動で来てくれるかも」と長いスパンでの構想だ。「5年を超えて継続していく意思がある」という。

 担当する市スポーツ施設管理課によると延長については協議によって可能だという。命名権料は原則、その施設の維持管理に使われるそうで「名称に負けないように、恥ずかしくない施設にしていきたい」と話す。

ネーミングライツとは

 ネーミングライツは条例で定める施設名とは別に、愛称を決める権利を持てる仕組み。2球場のほか、市内ではコニカミノルタサイエンスドーム、エスフォルタアリーナ八王子、東京フットボールセンター八王子富士森競技場、J:COMホール八王子がある。
 

宮内本部長
宮内本部長

八王子版のトップニュース最新6

熱中症に警戒を

八王子市

熱中症に警戒を 社会

19日、今年初のアラート

7月29日号

高齢者の感染 減傾向

高齢者の感染 減傾向 社会

市保健所「ワクチン効果」

7月29日号

由木音頭 振り付けたのは?

由木音頭 振り付けたのは? 文化

当時の教員 孫「ぜひ知って」 

7月22日号

三浦ガバナー始動

国際ロータリー2750地区

三浦ガバナー始動 経済

4600人の「長」 西RC所属

7月22日号

謙信公甲冑 薬王院に奉納

八王子城跡三ッ鱗会

謙信公甲冑 薬王院に奉納 文化

本尊「飯縄大権現」の信仰縁に

7月15日号

聖火 八王子に

東京五輪

聖火 八王子に 文化

走行中止、市内公園で式典

7月15日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter