八王子版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

八王子いちょう祭り 「先駆け」として対策徹底 解除後初の大型イベント

文化

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena
現地のいちょう並木(10月29日撮影)
現地のいちょう並木(10月29日撮影)

 八王子市は10月の定例記者会見で、「緊急事態宣言解除後、本市初めての大型イベント」として八王子いちょう祭りについてPRした。催しは、11月20日(土)と21日(日)に規模を縮小し、開催される。

 八王子いちょう祭りは、例年2日間で約50万人を集める催し。市内で「四大祭り」の1つとも呼ばれる。追分町から高尾エリアまでの甲州街道約4キロとその周辺が会場となる。主催は同祭典委員会。

 コロナ禍により、昨年は開催が危ぶまれたものの、大きく形を変えて実施した。パレードや出店を取りやめ、スマートフォンを活用したウォークラリーを軸として「新型コロナウイルスの感染を広めない」(主催者)ように徹底して対策をとった。「三密のないいちょう祭りを実施できた。今回も感染予防をしながら開催することで、来年には本格開催を目指す。そして今後開かれるほかのお祭りの先駆けとして、参考になれるような形にしたい」と祭典委員会では話している。

関所実施・規模縮小

 今年は会場の数を12から4に減らし、出店の数は例年の1/3に。出店のテントとテントの間隔を広げ、お土産品以外の酒類は販売しない。ステージイベントやパレードは行わない。

 一方で、いちょう祭りで名物ともいえる、通行手形を持って各関所をまわる「関所オリエンテーリング」は、20日・21日に実施。関所の数を減らし、時間のかかる「焼き印」ではなくスタンプにすることで、接触機会減少の工夫をする。

開催中のものも

 また、すでに開催中のものとして、11月30日(火)まで、陵南いちょう会館(東浅川町)での日本遺産認定記念作品展「桑都・八王子展」がある。日本遺産の構成文化財をテーマに、市内ゆかりのアーティストによる芸術作品を展示している。

 なお、昨年に引き続き、スマートフォンアプリをを使った「むーちゃんスタンプラリー」を開催中。全39カ所に設置された「むーちゃんゲート」に行くことで、デジタルスタンプを入手でき、その数に応じた景品に応募できる。こちらはすでに開催中で、期間は11月30日まで。

桑都・八王子展の様子
桑都・八王子展の様子

八王子版のトップニュース最新6

100歳 健康の秘訣は踊り

100歳 健康の秘訣は踊り 文化

台町の舞踊教室通い、40年

8月18日号

新たな医療支援拠点に

八王子市保健所

新たな医療支援拠点に 社会

今月1日、合同庁舎で始動

8月18日号

100年の歩み、脈々と

八南歯科医師会

100年の歩み、脈々と 社会

八王子など4市 373会員に

8月11日号

八王子市が都内初

日本子育て支援大賞

八王子市が都内初 社会

大学教員の講座など評価

8月11日号

小中生、SNS方針へ提言

小中生、SNS方針へ提言 社会

市教委 新サミットに74人

8月4日号

「浴衣で、まち巡って」

八王子七福神会

「浴衣で、まち巡って」 文化

8カ所 初の夏開催

8月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月18日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook