八王子版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

シスター(修道女)で絵画と詩による初の作品集を発表する 浦田 カズ代さん 滝山町在住 73歳

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

出会う人に安らぎを

 ○…「聖書物語」「母子像」などをモチーフとした、やさしい色合いの作風。修道院にある6畳ほどのアトリエで日々、描いてきた。今月、デパートの会場に新作などおよそ30点を展示する。一方、併せて初の作品集を刊行する。そこにはこれまでの作品およそ80点と書きためた詩が上質な印刷のもと、収められている。「人を感動させるにはまず自分が感動できるものでないと。拝みたくなるようなものはまだまだ描けません」

 ○…長崎県の出身。代々続くクリスチャンの一家に生まれた。中高は鹿児島にある純心学園の姉妹校へ進学。親元を離れた寮の生活は「寂しくて涙がポロポロ出ました」。卒業後、上京し滝山町にある東京純心女子短期大学に1期生として入学。シスターになるための修練期等を終えると愛知県立芸術大学に入学し油彩画などを学んだ。同短大、東京純心大学で教鞭をとり、10年前からの6年間は同大学の学長を務めた。

 ○…シスターとして祈り、そして活動をしてきた。所属する純心聖母会の活動は教育や福祉の仕事に従事すること。教育現場を退いた現在は、修道院の勤めの傍ら絵画制作などに時間をあてている。シスターになり今年で50年。「神様に守られているのかもしれませんね」と感謝する。

 ○…美術の教員時代、首から下の感覚を失ってしまった重度の障害のある学生と出会った。口にペンをくわえパソコンを操作する彼女に絵画を教えた。「口で描いた」その花は「あまりにも美しかった」という。「自分もがんばっている。みんなもがんばってほしい」。そんな彼女の思いを言葉にしたいと詩を書き始めた。あれから約10年、ようやく形になった。「出会う人が安らぎを得られれば」と願う。

八王子版の人物風土記最新6

高橋 英與(ひでよ)さん

松が谷住宅にコミュニティ拠点を開いた一般社団法人の顧問を務める

高橋 英與(ひでよ)さん

松が谷在住 73歳

8月18日号

平野 浩美さん

ラジオドラマ交思縁(甲子園)を主催するNPO団体の代表を務める

平野 浩美さん

下恩方町在住 62歳

8月11日号

嵩下(だけした) 義則さん

カレーパングランプリで最高金賞を受賞した、八王子エルシィの総料理長

嵩下(だけした) 義則さん

みなみ野在住 62歳

8月4日号

鳥羽 正浩さん

八王子市医師会の会長に先月就任した

鳥羽 正浩さん

八王子市在住 51歳

7月21日号

安藤 謙一郎さん

八王子商工会議所の青年部会長に今春就任した

安藤 謙一郎さん

廿里町在住 49歳

7月14日号

安達 愛華さん

八王子地域合同学園祭「学生天国」開催に前・学生委員長として尽力した

安達 愛華さん

大塚在住 21歳

7月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月18日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook