八王子版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

人材育成 市内2社受賞 中小製造業 都が評価

経済

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena
【上】大賞の盾を持つ内野社長/【下】職務等級システムが記されているハンドブック。全社員が持つ
【上】大賞の盾を持つ内野社長/【下】職務等級システムが記されているハンドブック。全社員が持つ

 東京都は技能者の育成と技能の継承に取り組む中で「成果を上げた」都内中小企業を表彰している。令和3年度の受賞者8社が10月に発表され、八王子市内から大賞と優秀賞で2社が選ばれた。その取り組みについて両社の代表者に聞いた。

大賞は内野製作所

 この令和3年度東京都中小企業技能人材育成大賞知事賞において最も栄誉のある大賞を受賞したのは、戸吹町にある精密歯車の試作・製造業「株式会社内野製作所」(ものづくり部門)。優秀賞(2社)を受賞したのは、台町にある電子機器製造業「新協電子株式会社」(同)。

 社員数およそ80人の内野製作所は「海外」を利用するなどし人材の育成を図っている。

 コロナ禍でこの2年ほどは行われていないが、社員を海外工作機械メーカーに1カ月間滞在させ技術習得に励ませたり、自社の関わるMOTO-GPレースを海外へ観戦に行かせるなどしてきた。

 また5年ほど前から人材育成についてのコンサルタントを入れており、およそ3年前からは「職務等級」のシステムを導入。役割職務を明確にしたことで内野徳昭社長は「やるべきことがわかりモチベーションはあがったはず」と話す。人材については「育てるもの」とし、基本的に「新卒」のみを採用している。

 社員数およそ30人の新協電子は、若手を大手企業などの「経営塾」に送り込むなど、積極的に人材に投資している。中西英樹社長は人材について「社員の頭の中がそのまま会社の財産」と表現する。採用はここ数年、近隣の高等専門学校が中心で、ここ十年来「離職者はゼロ」だそう。

 両社はこのような技能者育成、技能継承への取り組みが評価され、受賞となった。

 なお現在の中小企業における人材育成について八王子市は「中小企業にとって人材育成コストは負担だが育成した人や技術は企業の財産となり、事業存続にも大きな影響を与える。従業員一人ひとりの生産性を高める育成は非常に重要」と話した。八王子商工会議所は今回の受賞に対し「中小企業において技術承継の問題は大きな課題。八王子の企業が受賞されたことは大変喜ばしい」とコメントを出した。

優秀賞の盾を持つ中西社長
優秀賞の盾を持つ中西社長
表彰式の様子=内野製作所提供
表彰式の様子=内野製作所提供

八王子版のトップニュース最新6

もう一度 麦畑を

川口地区

もう一度 麦畑を 社会

経営者ら かつての種栽培

1月20日号

東高校が決勝進出

観光動画コンテスト

東高校が決勝進出 文化

同世代目線 題材は高尾山

1月20日号

フェンシング 全国Ⅴ

東浅川小島村君

フェンシング 全国Ⅴ スポーツ

小学3・4年の部で

1月13日号

八王子市が金賞

シティプロモーションアワード

八王子市が金賞 社会

市民参画など評価

1月13日号

生理の不安 なくしたい

生理の不安 なくしたい 教育

学内に無料ディスペンサー

1月6日号

イオンモールが出店

八王子インター北

イオンモールが出店 社会

2025年春開業予定

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook