八王子版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

市内遊技場組合 10年続く寄付活動 3団体、今年も100万円 

社会

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena
右から高尾遊技場組合の市原数馬監事、菅一哲副組合長、石森市長、八王子遊技場組合の宮本英一副組合長、3組合の事務局長を務める新井正宣さん
右から高尾遊技場組合の市原数馬監事、菅一哲副組合長、石森市長、八王子遊技場組合の宮本英一副組合長、3組合の事務局長を務める新井正宣さん

 市内に3つある遊技場組合から、八王子市社会福祉協議会へ100万円の寄付があり、12月8日に八王子市役所で贈呈式が行われた。コロナ禍で厳しさを増す業界だが「組合の肝いりの事業」として10年連続となる。

 寄付者はパチンコ・パチスロを営む業界団体で八王子、高尾、南大沢の3つの遊技場組合。2011年から継続して毎年100万円を市社会福祉協議会(社協)に寄付している。

 全日本遊技事業協同組合連合会の資料によると、1995年に全国で1万8244軒あった店舗は、今年の6月末時点で7876軒に減少。市内3組合でも「現在32店舗。最盛期の半分以下」に減っているという。

 贈呈式では、社協の名誉会長でもある石森孝志市長が「クラスターも発生していないのに風評被害を受けて大変だったのでは?」と尋ねる場面もあった。

 八王子遊技場組合の副組合長・宮本英一さんは、規制によるパチスロ台更新の時期を迎える中での寄付について「加盟店舗数が減る中、『どうしよう』という声もあったが、組合としての肝いりの事業なので、今後も継続していきたい」と話した。

 寄付金の半額は地域社会福祉基金の積み立てに充てられ、もう半額は地域活動への助成として、今年から3年間は「元八マルシェ実行委員会」の活動に充てられる。

八王子版のトップニュース最新6

「やる気ボタン」社歌で押す

島田電機製作所

「やる気ボタン」社歌で押す 文化

楽曲制作、配信を開始

5月19日号

市内開設、可能性探る

インクルーシブ公園

市内開設、可能性探る 社会

有志主催 意見交換に40人

5月19日号

5カ年で2.5km開通へ

八王子南バイパス

5カ年で2.5km開通へ 経済

16号と圏央道、接続向上

5月12日号

地道な活動に光、60年

八王子親切会

地道な活動に光、60年 社会

思い寄せ、記念誌を発行

5月12日号

世界の人招き100回

八王子国際協会

世界の人招き100回 社会

「ふれあいタイム」 記念誌に

5月5日号

ラジオドラマで共演

八王子実践高東特別支援高

ラジオドラマで共演 社会

社会共生掲げ、NPOが企画

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook