神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年6月13日 エリアトップへ

6月21日から展覧会を開く八王子書道連盟の会長を務める 菅沼 雄風(ゆうふう)さん 元本郷町在住 66歳

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena

筆先に宿る 繋げたい伝統

 ○…昔と比べ、書道をたしなむ人は減りつつある。しかし、芸能人の結婚発表など、最後の署名は直筆であることが多い。「愛好家は減ったかもしれないが、やはりここぞというとき人は筆を握る」。市内13団体が加盟する八王子書道連盟の5代目会長。少子高齢化を背景に進む「書道離れ」の対策に奔走中だ。

 ○…自宅に構える教室「八王子書道会」は、書道家だった祖父の菅沼香風さんが開いたもの。そして父は教員と書道家を兼業。自身も幼い頃から当たり前のように筆を持ち、半紙に囲まれて育った。一般企業に就職したが、その矢先、祖父と父が立て続けにこの世を去った。20代半ばだった。「書道にちゃんと向き合い始めたのは、やっぱりその頃からかな」。祖父の弟子らに支えてもらいながら、教室運営を維持。平日はサラリーマン、休みの日は書道教室の指導者。そんな生活を定年退職するつい最近まで約40年間走り続けた。

 ○…「美しく、楽しく、簡単に自己表現できる」のが書道の魅力だ。これを若い世代にも伝えるために行っている学生書道展は、今秋でちょうど70回目。「ぶっつけ本番」で精神面を鍛えてほしいという思いから、体育館を会場にその場で書いて、提出。後日入選作を決定し展覧会をする。書道離れを少しでも食い止めるため、教育委員会などにも呼びかけ多くの若者の参加を募る。

 ○…日本の伝統文化ではあるが、絶やさないためには形式にとらわれない。遠方の生徒には作品を送ってもらい、添削して送り返した上で、講評はLINEのビデオ通話で行うことも。「(LINEの方が)相手にとって敷居が低い場合もある」。書きたい、教わりたい、という気持ちを吸い上げ、これからも真摯に寄り添っていく。

八王子版の人物風土記最新6

飯田 勝さん

もとはち音頭を復活させた元八王子地域住民協議会の会長を務める

飯田 勝さん

横川町在住 86歳

7月25日

高橋 禎子さん

八王子女性防火協会の会長に就任した

高橋 禎子さん

四谷町在住

7月18日

高田 千鶴さん

小比企町にある磯沼牧場を舞台にしたフォトエッセイを出版した写真家の

高田 千鶴さん

下柚木在住 

7月11日

鈴井 宣行さん

5月にNPO法人八王子国際協会の理事長に就任した

鈴井 宣行さん

初沢町在住 74歳

7月4日

クルン スレンダラさん

5月に行われた「第九回全日本回転寿司MVP選手権」の外国人材部門で優勝した

クルン スレンダラさん

天神町在住 26歳

6月27日

南部 健造さん

インドネシアのプロサッカー1部リーグで日本人初の優勝選手となった

南部 健造さん

散田町出身 31歳

6月20日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月25日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook