多摩版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

新春インタビュー 新時代へ価値の創造を 阿部市長、抱負を語る

政治

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える阿部市長
インタビューに答える阿部市長

 2020年の幕開けにあたり、本紙では阿部裕行多摩市長に新春インタビューを行った。阿部市長は、防災対策やオリンピック・パラリンピックに向けた施策とともに、健幸まちづくりへの取り組みなど具体的な展望を語った。(聞き手=本紙・中島崇雄)

 ──まずは、昨年を振り返っての感想をお願いします。

 「あけましておめでとうございます。2019年は、令和という新しい年を迎えましたが、何といっても地球環境への温暖化の影響が、私にとっては大きな衝撃でした。9月、10月には台風15号・19号・21号に見舞われ、特に10月12日は、多摩市でも公共施設だけで2500人を超す皆さんが避難されて、眠れぬ一夜を過ごされました。国連気候行動サミットでスウェーデンの16歳、グレタ・トゥーンベリさんが怒りの訴えをされましたが、本当に大変な事態が起きているなと実感しました。幸いにも多摩市では河川が氾濫したということはありませんでしたが、今までに経験したことのないような災害が東日本各地を襲ったわけですから、どこで起きてもおかしくないということを肌で実感しました。

 世の中では、ラグビーワールドカップも行われ、大いに盛り上がりましたが、一方では、海外ではノートルダムの大聖堂が、日本でも首里城が焼失したり、京都アニメーションで悲惨な放火殺人事件が起きるなどのこともありましたので、今年はぜひ良い年であってほしいと思います。

 多摩市の話に戻すと、昨年はニュータウンエリアで自動運転車両の実証実験、受動喫煙防止条例の制定、多摩市議会議員選挙もありましたし、2人目の副市長として4月に田代純子さんが着任しました。『障がい者差別解消条例』の検討市民委員会もスタートしました。さらに東京都との合同総合防災訓練を多摩センターエリアで大規模に行うことができました。

 そして、忘れてはいけないことは、オリンピックのことです。7月には自転車競技ロードレースのテストイベントが開催され、8月にはアイスランドとの間で事前キャンプ実施の覚書も締結しました。大会を前にアイスランドの選手団をお迎えできるというのは大きなニュースでした」

 ──冒頭にお話がありましたが、昨年は相次いで台風がやってきました。防災対策について改めてお伺いしたいと思います。

 「これまでも多摩川や大栗川、乞田川等の氾濫に備え、関戸・一ノ宮エリアにお住まいの皆さんを中心に、水防訓練を行ってきました。今回の対応では、成果もあったと思います。一方で、これまでの台風とはかなり状況が違うことから、改めて防災のあり方を根本から見直ししていかなければならないと思っています。避難勧告や避難指示を市民の皆さんにどう周知していくのか、ペットとの同伴避難についての情報提供をどうしていくのか、高齢者や障害をお持ちの方の避難をどう支援していくのかなど、万が一氾濫が起きた時の避難や避難所のあり方が問われます。

 他にも、災害廃棄物が発生した場合の置き場も含めた対策なども課題になってくることがわりました。そういった意味では、今年も水防訓練を行っていきたいと思いますが、今までのような訓練ではなく、今回の教訓を踏まえて内容を考えていかなければいけないなと思っているところです。

 昨年12月に国立環境研究所地球環境研究センターの江守正多副所長に講演いただきましたが、地球環境問題は今や待ったなしの状況であり、海水面の上昇などいろいろなことが起こり得ます。昨年よりも大型の台風の襲来や長雨など、降水量がかなり多くなると考えられますので、しっかり防災対策や、地球温暖化を前提にした新しい対策も考えていかなければと思っています」

「継続的な成長へ資する施策を」五輪関連中心に災害対策も

 ──今年、オリンピック・パラリンピックを迎えます。昨年7月21日の自転車競技ロードレースのテストイベントの結果を踏まえて、多摩市としてどう臨まれますか。

 「昨年は梅雨が長かったですが、7月21日だけは少し晴れ間が出てくれました。雲があつくかかり暑さを感じない日ではあったのですが、本番に向けては、一昨年のような猛暑になった場合の対策について考える必要があると思います。大勢の皆さんが沿道で応援をすることになりますので、暑さ対策は必須です」

 ──アイスランドの事前キャンプ地ということでどのような迎え方をされる予定でしょうか。

 「どの種目でアイスランドの選手たちが出場するかはまだ決まっていませんが、陸上を中心に複数の競技で予選を勝ち抜き、日本にいらっしゃると思います。今回、『たま広報』の1月1日号でアイスランドの大使との対談を掲載していますが、アイスランドの皆さんをおもてなしするためにも、より多くの市民の皆さんにアイスランドのことを知っていただくことに力を入れていきたいと思います。また、アイスランドの食べ物を食べる機会はなかなかないと思いますので、小学校の給食で食べる機会も作っていければと、教育長とも話をしています。

 昨年12月には、グリーンライブセンターでアイスランドの国歌をバイオリンで弾いた皆さんがいらっしゃいました。今年の2月には、ゆう桜ヶ丘で大使をお招きしてアイスランドを知るための企画が予定されています。これからも市民の方から、いろいろな形でアイスランドを知ろう、おもてなしをしていこうと、企画が出てくると思いますので、そうした取り組みを促進していきたいと思います」

 ──第5次多摩市総合計画第3期基本計画がスタートしました。進捗はいかがでしょうか。

 「第5次多摩市総合計画第3期基本計画では、『健幸まちづくりのさらなる推進』を基盤となる考え方に置き、庁内一丸となって取り組んでいるところです。具体的には、3つの重点課題『超高齢社会への挑戦』『若者世代・子育て世代が幸せに暮らせるまちの基盤づくり』『市民・地域と行政との新たな協働のしくみづくり』に、各部署が主体的に、かつ部署横断的に連携して取り組み、健幸まちづくりをさらに推進していきます。本年度の後半には商工会議所の皆さんと一緒に『健幸ワーク宣言』なども行い、働き方改革にもつなげていきたいと思っています」

 ──ニュータウン再生の進捗はいかがですか。

 「ニュータウン再生については、今年も2月にシンポジウムを開催する予定です。昨年は、市民の皆さんに永山駅周辺の理想の将来像などを提案していただきましたが、今年は『多摩ニュータウンの魅力を高めるプレイスメイキング』をテーマに行います。都営住宅の建て替えが着々と進行しており、昨年、永山3丁目で新たな都営住宅が完成し、すでに入居が始まっています。隣接する西永山福祉施設では、障害者、高齢者の皆さんの施設も新たに開設し、共生社会への取り組みに一歩踏み出したところです。今年は、さらに諏訪エリアで都営住宅の建設が進められ、愛宕エリアでも旧西愛宕小学校跡地で着工も始まっています。市内各地で再生の動きが目に見えるようになってくると思います。市としても将来展望をもう少し明らかにできればと思います」 

 ──新年度の重点施策・予算編成についてもお聞かせください。

 「都内最長11・8Kmの自転車競技ロードレースのコースとなっていることから、やはり東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会関連です。オリンピック競技に直接関わることができる貴重な機会になりますので、パラリンピックも含め、市民との連携による機運醸成を推進していく予算を計上します。具体的には、オリンピック・パラリンピックの旗を街路灯に掲げる『シティドレッシング』や、競技当日には今年4月に改修工事が終わる武道館での『コミュニティライブサイト』を実施したいと考えています。一瞬のうちに目の前を走り去った自転車競技のアスリートたちが、最後、富士スピードウエイでゴールインするまでを応援できるようにしていきたいと思っています。

 また、パルテノン多摩大規模改修の予算、図書館本館の再整備なども具体的に動いていきますので、未来への投資として新たな時代に向けた価値の創造、市の持続的な成長に資する施策などにも取り組んでいきたいと思います。

 一方で、先程お話した通り、温暖化対策や災害予防など、今まで足りなかった部分もしっかり手当ができるような予算づくりにしていきたいと思っています。

 また、子ども・子育ての分野では、待機児対策として、新たに2つの保育園が聖蹟桜ヶ丘にこの4月にオープンします。福祉の分野では、『障がい者差別解消条例』の制定に取り組むほか、地域福祉計画なども動き出していくことになります。多摩市社会福祉協議会が行っている地域福祉推進委員会なども応援しながら、福祉の課題だけでなく地域共生社会を目指していくという方向で、市としても地域のコミュニティづくりなどにも力を入れていける年にしたいと考えています」

 ──最後に、市民の皆さんにメッセージをお願いします。

 「今年は、いよいよオリンピック・パラリンピック開催の年となりますが、アイスランドの選手の皆さんを多摩市にお迎えすることができるようになり大変嬉しく思っています。ただ今回の大会は、地球温暖化の危機がこれまでにないくらい高まりを見せている中での開催になります。夏場に行うことの是非はあるのでしょうが、先程お話した通り、私たちも暑さ対策に気を配りながら、皆さんと共に応援をしていきたいと思います。

 また今年は、終戦から75年、原爆が投下されてから75年という年でもあります。昨年ローマ教皇が訪れた長崎に、私もまた子どもたちと一緒に行く予定です。さらに、核兵器廃絶に向けた『2020ビジョン』を提唱する平和首長会議が広島で開催されます。多くの都市の代表と共に、核兵器廃絶の実現に向けて動き出そうという年でもありますので、ぜひ市民の皆さんと一緒に平和への思いを新たにする年にしたいと思っております。

 今年は、市制50周年の前年の年にもなります。ここで昨年公募した50周年のキャッチコピー「くらし・たのし・たまし」に合わせたロゴマークも発表させていただきました。今年はプレ企画として、市民の皆さんと一緒に様々な企画を進めていきたいと思っています。

 そして何よりも、子どもたち、若者たちを含め、未来に夢を描けられるような年にしていきたいと思っています。私たち大人が未来への指針をしっかりと打ち出せるよう、私も地に足をつけて臨んでいきたいと思っています」

「未来に夢を描けられる年に」と話す阿部市長
「未来に夢を描けられる年に」と話す阿部市長

聖蹟桜ヶ丘駅東口「中央商店会」

幅広いジャンルの67店舗が皆様をお待ちしています

http://seiseki-s.com/

地域とつながるロータリークラブ

東京多摩グリーンロータリークラブ

http://www.tamagrc.join-us.jp/

草むらをつくり育てる

「農福連携」「企業連携」「地域連携」でソーシャルインクルージョンの実現を

https://kusamura.org/

和太鼓 せいせき鼓桜

人と出逢い一つのものを創り上げる喜びを 心に響く魂の音を~出演依頼承ります

https://ja-jp.facebook.com/seisekikoou

㈱多摩ニュータウンサービス

ニュータウンライフのベストパートナー

http://www.tamanew.com/

㈱シラケン

塗装・防水工事 壁紙クロス張替など建築リフォーム全般承ります

あなたの街の郵便局

唐木田駅前郵便局

草むらを作り育てる

精神障がい者の自立支援のために「認定NPO法人多摩草むらの会」

https://kusamura.org/

大妻女子大学

2019年4月 共生社会文化研究所誕生!

http://www.iisc.otsuma.ac.jp/

あいセーフティネット

住み慣れた地域で最期まで。人生100年時代のパートナー「あいクリニック」

https://kawakita.or.jp/aisafetynet/aiclinic/

あいセーフティネット

年齢を重ねても安心して暮らせる医療を「天本病院」

https://kawakita.or.jp/aisafetynet/amamoto/

東京多摩ロータリークラブ

今年度テーマ「例会を楽しむ」 ぜひご参加・ご見学ください

http://tama-rc.org/

人と社会を支える力 国士舘大学

16万余名の卒業生を輩出。 創立100周年を迎えさらなる発展を目指す

https://www.kokushikan.ac.jp/

早稲田大学校友会 多摩稲門会

広げよう 友の輪を!掴もう 心の青春を!会員募集中

http://tama-tomon.net/

桜美林大学

2020年春、多摩アカデミーヒルズに航空・マネジメント学群OPEN

https://www.obirin.ac.jp/

㈱ウッドデザイン研究所

木造建築の設計・確認申請・構造計算ならお任せください

http://wooddesign-labo.jp/

「生涯就業力を磨く」

恵泉女学園大学が多摩市立グリーンライブセンターのガーデン管理を行っています

http://www.keisen.ac.jp/tglc/

全ての方々の自己実現のために

訪問看護ステーション ラフ/こどもデイサービス ラフ

https://www.lifeis-llc.com/

有限会社「新倉電器」

電化製品・取付・修理のことならお任せください

https://ja-jp.facebook.com/ndenkiface9369/

地域交流・憩いの場所に

様々なイベント・講座随時開催中「関・一つむぎ館」

http://www.tsumugikan.net/

多摩で自然エネルギーの普及を

一般社団法人多摩循環型エネルギー協会

http://tama-enekyo.org/

お出掛けは聖蹟桜ヶ丘へ

買物から食事 生活まで 「桜ヶ丘商店会連合会」

http://seiseki-s.com/

五十嵐行政書士事務所

新龍書道塾の生徒も募集中

https://bit.ly/32Eo8O9

多摩ファミリーシンガーズ

創立42年!多摩市を中心に活動する児童合唱団です

https://www.tamasingers.org/

多摩青年会議所 新入会員募集中

Butterfly Effect~我々の運動で何かが動くことを信じて~ 

https://ja-jp.facebook.com/tamaseinenkaigisyo/

花柳橘弥「たちばなの会」

日本舞踊・三味線など古典芸能の伝承活動を

マイク英会話学院

話せる英語の指導・外国人に対する積極性の育成 無料体験随時実施中

https://www.bgfs.com/

<PR>

多摩版のトップニュース最新6

装い新たに 再オープン

多摩東公園

装い新たに 再オープン 社会

4月11日から

4月2日号

「32年間 ありがとう」

パルテノン多摩

「32年間 ありがとう」 社会

改修で約2年 休館に

4月2日号

消火活動に尽力 感謝状

警備員×警官

消火活動に尽力 感謝状 社会

多摩消防署「勇気ある行動」

3月19日号

遊歩道の画像 世界へ

多摩市若者会議

遊歩道の画像 世界へ 社会

グーグルマップで公開

3月19日号

広島から新作バラ寄贈

恵泉×多摩市

広島から新作バラ寄贈 社会

名前は「I CAN」核廃絶へ

3月5日号

4月に「宿泊研修施設」開所

KDDI(株)

4月に「宿泊研修施設」開所 経済

市誘致条例の指定企業に

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 2月20日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク