大和版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

スイスで開かれた第40回「ローザンヌ国際バレエコンクール」で優勝した 菅井円加(まどか)さん 佐々木三夏バレエアカデミー所属 17歳

いつだって自然体

 ○…世界的な若手バレエダンサーの登竜門で優勝。普通の女子高生から一躍「時の人」に。コンクールはおろか、海外に出たのも初めての経験。慣れない舞台に戸惑いながらも練習を重ねることで不安を払拭し、最高の結果を手にした。ただ、自身の踊りには「まだまだ課題だらけ」と満足していない様子。「それでも、『楽しんで踊る』という目標は達成できたかな」。あふれんばかりの笑みがこぼれる。

 ○…姉の影響で3歳から始めたバレエ。世界に羽ばたく先輩の存在、先生の指導、そして明るい雰囲気に一目ぼれして、6歳で大和市中央の佐々木三夏バレエアカデミーに入会した。初めこそ、母親に送迎してもらったものの、小学2年生からは一人で電車を乗り継ぎ、厚木市の自宅から通い続けた。週2回の練習が週3回になり、今では週6日はレッスンを受ける。空いた時間には大和駅周辺のお店で友達とランチをすることも。「私にとって、地元といえば大和ですね」と微笑む。

 ○…町田市の和光高校に通う2年生。文化祭ではステージでダンスを披露し、全校生徒の注目を浴びた。優勝後、携帯電話に届いたメールは120通を超えたという。多忙な中、唯一とも言える息抜きが、ジャンルを問わず見る海外ドラマ。また、美へのアンテナは高く、練習後はお風呂でのマッサージを欠かさず、食事も野菜中心だ。「女性の美しい立ち姿に憧れがあって。あと、モテたいんですよ、切実に」。はにかみながらも本音がポロリ。

 ○…将来の目標は世界で活躍するプロのダンサー。すでに海外バレエ団への入団に向けて動き始めている。現在は苦手な英語を猛勉強中とか。また、大和市で進められている芸術文化ホールの「こけら落とし公演」の要請を、大木市長から受けたそうだ。「まだまだ力不足ですが、そうなれたら光栄。目指してみたい」。何年か後、この地で舞う姿を見ることも夢ではない。
 

大和版の人物風土記最新6件

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

齋藤 正果(まさかつ)さん

シリウスでは初開催の生涯学習センターまつりで実行委員長を務める

齋藤 正果(まさかつ)さん

1月26日号

本山 勇次さん

第60回大和市駅伝大会で特別表彰を受けた

本山 勇次さん

1月19日号

横澤 高太郎さん

今年40周年を迎える大和青年会議所の理事長に就任した

横澤 高太郎さん

1月12日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク