大和版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

大和エコ布ぞうりの会を主宰する 鈴木 澄子さん 福田在住 71歳

「本当の豊かさ」後世へ

 ○…着なくなったTシャツや浴衣など、いらない布を再利用して作る「布ぞうり」を教え続けて15年。50人を超える生徒と一緒に作り上げた約500点を展示する会を、グリーンアップセンターで23日まで行っている。他にも傘を使ったエコバッグやトウモロコシの皮を使った小物など、普段なら捨てられてしまう物のリメイク作品も。「節約って、実は心を豊かにしてくれるんですよ」と微笑む。

 ○…宮城県出身。結婚を機に神奈川に移り、大和市に40年以上暮らす。地元の福田にゴミの最終処分場建設案が出されたのを機に、大和市が抱えるゴミ問題の実情を知った。身近な環境問題を調べるうちに出会ったのが『エコ布ぞうり』。「大和市のゴミの大半は紙と布。再利用できれば削減につながる」とすぐに勉強を開始。作成技術を取得すると、いつしか噂となり市内外からひっぱりだこになった。1997年には会を結成。今もグリーンアップセンター、鶴間コミセンで4つの講座を受け持っている。

 ○…大学時代に知り合ったご主人とは、2年間の遠距離恋愛を経て結婚した。メールも無い時代、その間のやり取りは手紙だったという。「その全てが宝物。これだけは捨てるに捨てられなくて」と語る。そんなご主人が昨年、72歳の若さで帰らぬ人となった。しばらくの間は笑うことが出来ないほど喪失感を味わったという。「ただね、独立した3人の子ども達や、教室の生徒さんが毎日励ましてくれて立ち直れた。私は本当に人に恵まれています」

 ○…「小さいことでも結集すれば大きな力になる」、それがモットー。買い物にはエコバッグを持参し、野菜や果物の皮は乾燥させてから捨てる。とにかく始めることが大事だと、会員にも伝え続けているそうだ。「想いを伝えるにはエネルギーがいる。でも、孫やひ孫のことを考えると、いてもたってもいられないでしょ」。『エコの伝道師』の活動はまだまだ続きそうだ。
 

大和版の人物風土記最新6件

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

齋藤 正果(まさかつ)さん

シリウスでは初開催の生涯学習センターまつりで実行委員長を務める

齋藤 正果(まさかつ)さん

1月26日号

本山 勇次さん

第60回大和市駅伝大会で特別表彰を受けた

本山 勇次さん

1月19日号

横澤 高太郎さん

今年40周年を迎える大和青年会議所の理事長に就任した

横澤 高太郎さん

1月12日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク