大和版 掲載号:2013年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

「本居長世をうたう会」の代表を務める 中新井 昌子さん 南林間在住 70歳

「子どもの宝」を歌い継ぐ

 ○…「赤い靴」や「七つの子」「汽車ぽっぽ」といった多くの童謡を手掛け、『日本の童謡の父』と呼ばれた作曲家・本居長世。その名作の数々に魅せられ、50歳の時に「本居長世をうたう会」を結成。南林間に住んでいた本居長世の三女・若葉さんを顧問に招いて船出を飾った。それから20年。現在では常時60人ほどが参加する大きな会に。「振り返れば、あっという間。少しでも長世の魅力を広げられたのかな」とはにかんだ笑顔を見せる。

 ○…栃木県出身。歌うことと絵を描くことが大好きな少女時代を過ごし、就職先に選んだのは保育士。「子ども達とふれあい、一緒に大好きな童謡を歌うことができる。まさに天職だと思いました」と笑う。その頃に良く歌って聞かせていたのが、本居長世の作曲した「しもばしら」や「たんぽぽ」だった。結婚後は2人の子どもに恵まれ、毎日、童謡を歌って過ごしたそうだ。「幼児期の記憶は忘れないんですね。今でも子どもと一緒に当時の歌を懐かしむこともありますよ」と微笑む。

 ○…歌や絵と同じくらい好きなのが花。小学生の卒業文集にも「世界中の花を集めたい」と書いたという。年に2回、土から入れ替えて作る自慢の庭には、常に色鮮やかな花が咲き誇り、近隣の友人がこぞって見に来るほど。また、毎月作る会の歌本にも必ず花の挿絵を入れるそうだ。「元気の秘訣は庭いじり。花からも生きる力をもらっている気がします」

 ○…今年は会の創設20周年。5月8日には保健福祉センターで記念コンサートを開催する。自らチラシを手にコミュニティセンターなどを回り、PR活動に奔走する日々。「1人でも多くの人に、本居長世の作品に流れる温かさや優しさを感じてほしい」。会員の高齢化も進み、60代から80代が中心となったが、その想いは共通だ。「後世に残したい日本の素敵な文化。私たちが頑張らないとね」。満面の笑みを浮かべた。
 

大和版の人物風土記最新6件

杉間 泰則さん

新しく大和市国際化協会の理事長に就任した

杉間 泰則さん

7月27日号

沢田 耕太郎さん

公所自治会会長を務める

沢田 耕太郎さん

7月20日号

熊田 康則さん

16日開催のヤマトワールドスポーツフェスタで、炬火リレーのアンカーを務める

熊田 康則さん

7月13日号

諸星 俊二さん

県消防救助技術指導大会の「はしご登はん」で優勝し全国大会に出場する

諸星 俊二さん

7月6日号

上田 博久さん

「境川クラブ」の会長(代表マネージャー)を務める

上田 博久さん

6月29日号

古谷 小枝子さん

25周年を迎えた「大和・生と死を考える会」の会長を務める

古谷 小枝子さん

6月22日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク