大和版 掲載号:2013年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

定年後も市内唯一の駐在所に勤務する 酒井 信二さん 下鶴間在住 61歳

市内唯一の「駐在さん」

 ○…大和市内唯一の駐在所「下鶴間駐在所」に勤務して8年。本来なら今年3月で定年退職を迎えるはずだったが、地元の人々から「酒井さんに残ってほしい」との声が上がったため、もう1年頑張ることを決めた。管轄するのは下鶴間の約5150世帯。駐在としては県内でも有数の規模だというが「周囲の派出所の助けと、顔なじみの皆さんの協力があるからやっていけています」と微笑む。

 ○…北海道で米農家の次男として生まれる。定時制高校を卒業した後、19歳で警察官採用試験に合格。警察学校を経て、川崎市の高津署から警察官としてのキャリアをスタートさせた。現在の大和署が7署目で、所属は地域課になる。3交代制の派出所と違い、駐在所はその名の通り1人の警察官が常駐する。その分、住民のほとんどが顔見知り。地元の催しなどに呼ばれることも多いという。「小学生の頃に駐在所に遊びに来ていた子が、近所のコンビニでアルバイトをしていたり。成長を見守れるのも駐在所員の魅力かな」

 ○…単身赴任も8年目。食べ過ぎを注意するため、食事はもっぱら自炊で済ませる。休日に横浜の自宅に帰って、家族と共に過ごす時間が一番の息抜き。また、月に2回は近所の奥さん達と集ってカラオケへ。「歌も好きだけど、お互いの情報交換の場所にもなってますね」と笑う。中には食事を持ってきてくれたり、野菜をお裾分けしてくれる人もいるそうで、「人の温かさに救われています」と頬を緩ませる。

 ○…毎日欠かさず行っているのが管内の巡回。1日に1〜2時間をかけ、防犯指導を行い、丁寧に話を聞く。その際には、不審者の情報や親子喧嘩の様子まで様々な情報が耳に届く。「些細なことでも知っておくと役に立つかもしれない。取り締まるというよりも、一緒に暮らし、一緒に街を良くしていく。そんなスタンスで、街一番の情報通になりたいですね」
 

大和版の人物風土記最新6件

杉間 泰則さん

新しく大和市国際化協会の理事長に就任した

杉間 泰則さん

7月27日号

沢田 耕太郎さん

公所自治会会長を務める

沢田 耕太郎さん

7月20日号

熊田 康則さん

16日開催のヤマトワールドスポーツフェスタで、炬火リレーのアンカーを務める

熊田 康則さん

7月13日号

諸星 俊二さん

県消防救助技術指導大会の「はしご登はん」で優勝し全国大会に出場する

諸星 俊二さん

7月6日号

上田 博久さん

「境川クラブ」の会長(代表マネージャー)を務める

上田 博久さん

6月29日号

古谷 小枝子さん

25周年を迎えた「大和・生と死を考える会」の会長を務める

古谷 小枝子さん

6月22日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク