大和版 掲載号:2015年10月2日号 エリアトップへ

1周年を迎えた認知症カフェを主催する、やまとオレンジプロジェクトの代表を務める 石井 直樹さん 介護のハッピー合同会社 社長 43歳

掲載号:2015年10月2日号

  • LINE
  • hatena

仲間と共に 幸せの連鎖を

 ○…大和市初の認知症カフェ「オレンジカフェ@やまと」がこのほど1周年を迎えた。9月20日に開かれたカフェには、出入り自由の会場・デイサービスハッピー鶴間に延べ70人が訪れるという盛況ぶりだった。県や市の福祉関係幹部職員らも視察で顔を覗かせた。「過去最高の参加人数になりました。この活動がここだけではなく、カフェを催す人が増えて大和市全体に広がっていけば」とその手応えや抱負を語る。

 〇…横浜の金沢八景生まれ。高校までは地元で過ごし、大学は群馬県へ。経済学部で学び卒業後はサラリーマンになった。「人に関わる仕事がしたかったから営業職に」。しかし、一つの会社でなかなか長続きしなかった。両親から「人が好きだったら、介護職が向いているのでは」とアドバイスされたことが転機となった。33歳で飛び込んだグループホームではゼロからのスタート。「利用者さんのニーズに応える介護職は、直接的な人との関わりがあり求めていたものでした」

 〇…働きながら資格の勉強をし、介護支援専門員も取得。気が付くと管理者になっていた。「僕にとって一番長く勤めることができたのです」。その後、独立を志し、デイを開きたいと物件を探して3年前に大和で開所した。「オーナーさんや商店会、自治会などみんないい方ばかりで」と目を細める。「地域福祉に貢献できたら」と施設が定休日の日曜を、市民活動に開放することを思いついた。

 〇…構想を練っていくうちに地域の介護職員やボランティアらが集まり、自然発生的に発足したのがオレンジプロジェクト。認知症カフェの他に福祉専門職の勉強会・介護職カフェも同じ月1で開催している。「想像できないことが次々起きている。一人では何もできない。皆の力があってこそ」と強調する。社名の「ハッピー」には、ハッピーが連鎖していくことをイメージする。年内にはデイの2号店も開所する予定だ。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

荻原 英人さん

第55代大和警察署長に着任した

荻原 英人さん

大和東在住 55歳

10月22日号

安保 弘豊さん

中央林間で10月9日、10日に開く「運ちょこ祭り」の発起人を務める

安保 弘豊さん

中央林間在住 49歳

10月1日号

中村 健一さん

「私とティアンとイーサン食堂」を文芸社から出版した

中村 健一さん

南林間在住 57歳

9月24日号

川満 美和子さん

大和市倫理法人会の新会長に就任した

川満 美和子さん

南林間在住 51歳

9月10日号

青木 浩一(ひろかず)さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

青木 浩一(ひろかず)さん

海老名市在勤 56歳

9月3日号

安部 正彦さん

神奈川県行政書士会大和・綾瀬支部の支部長に就任した

安部 正彦さん

西鶴間在住 47歳

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook