大和版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

4月から「やまと生涯学習ねっとわぁく ボランティア講師の会」の新会長となった 渡邊 はるみさん 渋谷在住 66歳

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

ピアノの道に導かれ

 ○…市生涯学習センター主管の「やまと生涯学習ねっとわぁく制度」。これに登録している講師の有志による集まりが「ボランティア講師の会」だ。今年で15年目を迎えるこの会には、手芸やパソコンなど約15ジャンルのボランティア講師が60人ほど所属し、市民らの学びをサポートしている。前会長に頼まれ、今年の4月から会長に就任した。「とんとん拍子に決まってしまって気持ちが追いつかないです」と謙遜する。

 ○…先々代の会長に誘われ、6年ほど前にピアノ・コーラス講師として入会。以来実行委員長や副会長などを務めてきた。「会長になってから、家にいるときにも寝る前にも、今まで以上に会のことを考えるようになりました」。現在は「会をさらに活性化させたい」と新たな取り組みを考案中。7月13日からは市役所ロビーで恒例の講師による作品展示会も開く。「来場された方が何かを始めるきっかけ作りになれば」

 ○…東京都大田区出身。2人姉妹の末っ子でシャイな性格だった。小学校低学年まではクラシックバレエを、その後は母の勧めでピアノを習った。中高と私立女子校に進み、合唱部に入部。「音楽にどっぷり」な学生生活を謳歌した。その後音大ピアノ科に進学、上級生と何かしたいと讃美歌クラブに所属した。卒業後は自宅でピアノを教えていたが、23歳で結婚し、新居を構え大和市へ。今もピアノを教え続ける。「大学まで母の敷いたレールの上を歩みました。ピアノの道に導いてくれた母に感謝です」と嬉しそうに語る。

 ○…現在は夫と2人暮らし。息子と娘、2人の孫にも恵まれた。趣味はミュージカルやオペラ、コンサート鑑賞。「レ・ミゼラブルが大好きで10回は観ました」と微笑む。25年間続けてきた鎌倉彫も趣味のひとつ。大切にしている言葉は、母の教えである「実るほど頭を垂れる稲穂かな」。謙虚さを忘れない、穏やかな人柄が垣間見えた。

大和版の人物風土記最新6

佐藤 愛美(あみ)さん

元劇団四季団員で、4月からバレエスタジオを主宰する

佐藤 愛美(あみ)さん

中央林間勤務 36歳

4月9日号

井上 直己さん

地球環境の問題を地域で幅広い世代に伝える

井上 直己さん

つきみ野在住 43歳

4月2日号

濱本 まりんさん

今シーズンから大和シルフィードのキャプテンを務める

濱本 まりんさん

福田の里勤務 26歳

3月26日号

小宮山 光賢さん

記者で、映画『戦車闘争』の制作に協力した

小宮山 光賢さん

市内中央在住 77歳

3月5日号

大木 英広さん

交通栄誉章「緑十字銀賞」の優良運転者として表彰を受けた

大木 英広さん

市内在住 57歳

2月19日号

遅沢 秀広さん

公所自治会の会長でオンライン講座を企画した

遅沢 秀広さん コミュニティ

下鶴間在住 74歳

2月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク