大和版 掲載号:2017年2月10日号 エリアトップへ

大和市 「市版オリンピック」開催へ 2018年7月に

スポーツ

掲載号:2017年2月10日号

  • LINE
  • hatena
イメージ画像の前でポーズする大木市長
イメージ画像の前でポーズする大木市長

 大和市は市制記念日である2月1日、「(仮称)大和市版オリンピック2018」を開催すると発表した。世界79の国と地域の人が住んでいるという市の特徴を活かし、市民と外国籍の人が参加するスポーツ大会の実施を通じて、2020年東京オリンピックの啓発をめざす。

 発表によると市が今回、関連団体と共に開催するのは「(仮称)大和市版オリンピック2018」というイベント。大和なでしこスタジアム(スポーツセンター競技場)などを会場に、18年7月16日の海の日に実施される。

 対象となるのは、大和市民と市内外在住の外国籍の人で、種目は50メートル走や100メートル走、走り幅跳び、走り高跳び、投てき競技など、個人陸上競技が中心となる見込み。優勝者や参加者には、賞品を贈呈する予定だという。

 市では今回の「市版オリンピック」開催の背景として、外国籍の在住者が多いことを理由に挙げる。

 市内には今年1月1日現在で、世界79の国と地域、6008人が居住。市によると、全人口に占める割合は2・6%で、これは県内市町村でも愛川町、綾瀬市に次いで3番目の高さという。

 また、18年という開催時期については、「リオオリンピックと東京オリンピックのちょうど中間」と、理由を説明する。

 大木市長は記者会見で「市民の皆様と多くの外国人の方が一体となり、東京オリンピックを盛り上げるために」と、開催の意義を説明する。さらに、「健康都市やまと」を掲げる市としては、オリンピック啓発を通じてスポーツの普及を進め、市民の健康向上にも繋げていきたい考えだ。

「五輪」使えない可能性も

 市の担当課によると、「オリンピック」の名称は、サブタイトルとして使用することはできるものの、メインタイトルとして使えるかどうかは「確認中」としている。また、開催費用について、市の予算のみで実施するのか、オリンピックと同様に寄付を募っていくかについても「現時点では決まっていない」としている。

大和版のトップニュース最新6

専用封筒で発送スタート

ワクチン接種券

専用封筒で発送スタート 社会

接種予約は5月6日から

4月23日号

コンテストで全国1位

中央林間在住吉川さん

コンテストで全国1位 社会

応募総数564点の中から

4月23日号

本多選手が五輪切符

水泳日本選手権

本多選手が五輪切符 スポーツ

200バタ、瀬戸選手抑え優勝

4月16日号

「大流行、肌で感じた」

タウンレポート

「大流行、肌で感じた」 社会

医師会・小林会長インタビュー

4月16日号

5世代の車両一堂に

5世代の車両一堂に 経済

19日ロマンスカーミュージアム開業

4月16日号

「制度波及の手本に」

「制度波及の手本に」 社会

P(パートナー)S(シップ)“先輩”・駐蘭大使がエール

4月9日号

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter