大和版 掲載号:2017年5月19日号 エリアトップへ

初めての野鳥写真集を出版した 原 良子さん 市内中央林間在住 78歳

掲載号:2017年5月19日号

  • LINE
  • hatena

トリのトリコになりました

 ○…65歳で始めたカメラ。マクロレンズで撮影した露草に「こんなにきれいなんだ」と感動して以来、すっかり写真の虜になっている。フィルム撮影は失敗も多く、現像代が月に1万円を超えることも。デジタルカメラの普及で「これだ、と思った」と当時を茶目っ気たっぷりな笑顔で振り返る。今ではカメラ本体にレンズ、三脚など総重量15kgにも及ぶ機材を持ち、撮影に出かける。昨年、ちょっとでも軽くしたくて、機材を買い換えたが「キヤノンに欲しいのがあるんですよぉ…でも100万円以上するのぉ」と口惜しそう。その姿は乙女そのもの。

 ○…野鳥は撮影が難しい。7時間待ってもシャッターチャンスに巡り合えないこともあるという。毎日のように通う泉の森では、同じ鳥の成長を見ることも。親鳥が巣の整備をし、雛が孵り、成長し、巣立つ。しかし、時には残酷な現実にも遭遇する。「生きていくのがいかに大変か、良く解る」。自然の厳しさをファインダー越しに思い知らされるからこそ、真摯に向き合えるのかもしれない。その感性に年齢は関係ない。

 ○…かつて仕事をしている時は不眠症に悩まされ、腰痛で100m歩くのも辛い時もあったそうだ。ところが、写真を撮るようになると「元気になった。歩けるようになったし、歩くとくたびれるのですぐ眠れるようになりました」と微笑む。”微笑む”という言葉がぴったりくる上品な笑顔が印象的だ。

 ○…写真にのめりこんだその姿に一番驚いたのはご主人。「1日家にいた人が、急に外に出ましたからね」と懐かしそうに目を細める。文句一つ言わないばかりか、新機種の広告を見つけると「どう?」、撮影に出かけると「鳥はいた?」といつも気にしてくれる。文字通りオシドリ夫婦だ。1年に1度、流氷の季節に北海道へ出かける撮影旅行が今から待ち遠しい。1週間で4〜5万枚撮るというからその体力にも驚かされる。

大和版の人物風土記最新6

白鳥 永夏(えいか)さん

令和2年度大和市文化芸術顕彰 文化芸術未来賞を受賞した

白鳥 永夏(えいか)さん

中央林間在住 37歳

11月27日号

加藤 貞行さん

NPO法人大和シルフィード・スポーツクラブ理事長の

加藤 貞行さん

下鶴間在住 73歳

11月20日号

金城 まみさん

大和JCの川柳コンテストのポスター原画を描いたチョークアーティストの

金城 まみさん

西鶴間在住 33歳

11月13日号

大多和 亮介さん

大和シルフィード株式会社の社長に就任した

大多和 亮介さん

鎌倉市在住 38歳

11月6日号

柳沼 康二さん

今年度、大和税務署の署長に就任した

柳沼 康二さん

八王子市在住 56歳

10月30日号

土田 真彦さん

ドラマ『半沢直樹』でキャストに剣道指導をした

土田 真彦さん

南林間在住 62歳

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク