大和版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う 宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀) 上草柳在住 73歳

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena

踊りこそ我が人生

 ○…「舞台には命をかけています」とさらりと言い切る姿に、舞踊歴40年の経験と自信が滲み出る。日頃の活動発表とともに、他流派との交流を目的とした「ふれあい舞踊祭」は9回目を迎え、今年は家元を務める「みゆき会」の20周年記念大会も兼ねる。「各流派の家元、先生方のご支援、賛助出演によって開催できる。初めてのシリウス開催で不安もあるが、全身全霊出し切りたい」と意気込む。

 ○…見どころは、娘・美純さんとの2人踊り。「娘の振付は私の手直しが必要ないほどで、成長を実感する」と目を細める。舞台の上では、娘ではなく弟子として見ているが、一緒に踊っていると普通の人よりも呼吸や間が合うと感じるという。大会には、夫や孫など一家総出で舞台に上る。

 ○…神奈川区出身。両親が民謡・舞踊好きで幼い頃から祭りが大好きだった。若い頃は同世代の多くの女性が考えたであろう、「結婚して主婦になる」という未来をぼんやりと描いていた。高校卒業後に生命保険会社に就職。しかし女性しかいない職場だったため、出会いを求め他企業の男性達と「グループ交際」に。海へ山へと出かける中で、気になる男性との運命の初デートは社交ダンス場。踊りが上手だったその男性と、手を携え、人生も歩むことになり、昨年3月に結婚50周年を迎えた。「7年前に夫が病気になるまで2人でずっと社交ダンスを踊っていた。今でも私が民謡を歌うときには三味線を弾いてくれたり、送迎をしてくれたり、大きな支えです」と、一糸乱れぬコンビネーションは健在だ。

 ○…33歳で踊りの世界に飛び込んでからは、踊りが人生の喜び。旅行先では現地の伝統舞踊を習い、阿波踊りにも「にわか連」に参加し、名物連顔負けの衣装で踊る。「踊った後の爽快感は他に代えられないから止められない。一生現役で、ずっと舞台に立ち続けたいですね」ととびきりの笑顔で舞踊愛を語ってくれた。

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

1日1組限定、完全か貸し切りの寛ぎ空間。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

力武(りきたけ) 誠さん

ギターのリペアマンとして経験を生かしたオリジナルギターを製作する

力武(りきたけ) 誠さん

市内中央在住 44歳 

6月11日号

塩見 直樹さん

つきみ野でファーマーズマーケットを企画する

塩見 直樹さん

つきみ野勤務 57歳

6月4日号

小山 洋市さん

5月10日付で大和市副市長に就任した

小山 洋市さん

鶴間在住 62歳

5月28日号

小川 穣さん

ハーブ農家で、関連のNPO法人の代表を務める

小川 穣さん

上和田在住 42歳

5月21日号

吉澤 弘さん

第61代大和市議会議長に選出された

吉澤 弘さん

西鶴間在住 59歳

5月14日号

佐藤 明さん

古希(70歳)に合わせ、初めての個展を開く

佐藤 明さん

西鶴間在住 71歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter