大和版 掲載号:2018年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

大和シルフィ―ドで新キャプテンを務める 岡森 香沙音(かさね)さん 市内在勤 23歳

経験かさね 目指す昇格

 ○…「3度目の正直を」と昇格への期待が一段と高まるシーズンでのキャプテン就任。監督から打診された際も1週間悩んだほど、プレッシャーのかかる大役だ。現在でも不安はあるというが、冷静沈着に淡々と話す姿には、既にキャプテンの風格が存分に漂っている。理想のキャプテン像は、言葉よりも自らの行動でチームをけん引する存在。「鹿島アントラーズの小笠原選手のように、チームにあれこれ口出しせず勝利への流れを作りたい」。そのために、まず自身を丁寧に見つめて練習し、開幕の時を待つ。

 ○…名古屋市出身。幼稚園年中の頃、「面白そう」とサッカーをしていた近所の年上男子の輪に飛びこんでから、生活の軸はサッカー。「20年近く毎日毎日ボールを蹴っていても、ふと小さなミスをしたりする。いくらやっても完成しないからサッカーが好き」。仙台の常盤木学園高校、三重県の伊賀くノ一サテライトを経て、2016年にシルフィードに来た。

 ○…平日はチームのスポンサーである平田葬祭に勤務している。全くの別世界だからこそ、アスリートとして、そしてキャプテンとして成長できる部分が多い。「相手を思いやる心が特に必要なため、対人力が磨かれた」。社員全員に気を配る社長からも、キャプテンシーのあり方を学びとっているという。

 ○…趣味は洗濯干し。どの順番で、どのくらいの間隔をあけて干すかのこだわりを語ると、クールな口調が少し熱を帯びた。好きな言葉はメジャーリーガー・イチロー選手の「確かな一歩の積み重ねでしか遠くへはいけない」。「名前の香沙音には、経験をかさねて大きなことを成し遂げてほしいという意味が込められている。一歩一歩コツコツ取り組むだけ」。その歩みに迷いはない。

<PR>

大和版の人物風土記最新6件

工藤 杏奈さん

7代目横浜スカーフ親善大使の1人に選ばれた

工藤 杏奈さん

4月20日号

宮崎 大祐さん

明日から新宿で『大和(カリフォルニア)』が上映される大和出身の映画監督

宮崎 大祐さん

4月6日号

川本 龍成さん

4月1日にリニューアルオープンする大和徳洲会病院の院長

川本 龍成さん

3月30日号

牛山 保さん

神奈川県央小売酒販組合 大和支部の支部長に就任した

牛山 保さん

3月16日号

阿座上 広希さん

大和リハビリテーション連絡会の会長を務める

阿座上 広希さん

3月9日号

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

2月23日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

うたごえ「青麦」

参加者募集

うたごえ「青麦」

4月22日 桜丘センター

4月22日~4月22日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク