大和版 掲載号:2018年7月13日号 エリアトップへ

16日開催のヤマトワールドスポーツフェスタで、炬火リレーのアンカーを務める 熊田 康則さん つきみ野在住 55歳

掲載号:2018年7月13日号

  • LINE
  • hatena

一時代を築いた力

 ○…2020年の東京五輪を盛り上げようと開催される「ヤマトワールドフェスティバル」。聖火リレーならぬ「炬火リレー」のアンカーとして約100m走った後、火を灯す大役を託された。「他にも五輪にまつわる人いるのにねぇ。俺、走れるのかなぁ」と苦笑い。はにかんだ笑顔には、アイドル並に騒がれた現役当時の面影が浮かんだ。

 ○…言わずと知れた男子バレーボールのエース。法政大学を経て、富士フイルムに入社。エースアタッカーとして日本リーグ5連覇など、川合俊一さん、海藤正樹さんら日本代表メンバーらと黄金時代を築いた。実業団スポーツが華やかな時代。毎週のようにテレビ中継があった。長身と甘いマスクで注目を浴びた。「騒がれ方が凄いな、とは感じたけれど応援が嬉しかった」と当時を振り返る。1988年のソウル五輪に出場したのが一番の思い出だ。33歳で現役を引退。本社へ異動となった際、つきみ野の社宅に。49歳で早期退職後、そのまま大和に居を構えた。

 ○…「露出が少ないし、環境も整っていない。裾野が広がっていかないよ」とバレーボールの置かれた現状を嘆く。現在、娘さんがビーチバレーの選手として2年後の東京五輪を目指しており、願いは切実。「大和はママさんバレーも盛んだしビーチバレーの選手も多い。街をあげて盛り上げてくれるといいんだけど」と親心が垣間見られた。

 ○…現在は中央林間で飲食店『熊の隠れ家』を経営。バレー関係者はもちろん、現役当時のファンが訪れる。「自分は知らないけれど、わざわざ会いに来てくれるのは嬉しい限り」と感謝を口にする。息子さんやそのお嫁さんもバレー選手だった。「家族対抗バレー大会があったらどこにも負けないね」そう言って嬉しそうに目尻を下げた。

大和版の人物風土記最新6

岩崎 紀江(としえ)さん

大和市消防本部で初の女性課長となった

岩崎 紀江(としえ)さん

深見西在勤 50歳

5月13日号

亦部(またべ) 隆子さん

市民サークル「工作・折り紙おりひめ」の代表として伝統文化の普及に努める

亦部(またべ) 隆子さん

林間在住 70歳

5月6日号

戸ヶ崎 正次さん

市民劇団「演劇やまと塾」の代表として演劇の普及に努める

戸ヶ崎 正次さん

下鶴間在住 68歳

4月29日号

秋葉 勝好さん

深見歴史の森トコロジストの代表として活動する

秋葉 勝好さん

西鶴間在住 77歳

4月22日号

鈴木 真吾さん

大和市イベント観光協会の事務局長に就任した

鈴木 真吾さん

上和田在住 60歳

4月15日号

杉本 史織さん

ラジオパーソナリティや「だしアンバサダー」として市民の健康増進に貢献する

杉本 史織さん

福田在住 41歳

4月8日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook