大和版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

朝採れ野菜はいかが? 市内郵便局で販売中

社会

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
売れ行きは上々で、昼に追加することもあるという=下鶴間郵便局
売れ行きは上々で、昼に追加することもあるという=下鶴間郵便局

 市内郵便局の窓口でこの夏から、朝採れ野菜の直売が始まっている。

 大和下鶴間郵便局(鏡克俊局長)では6月11日から毎週月・水・金の3日間、地元の遠藤一直さんが育てるトマトやジャガイモなどを窓口の前のラックで販売している。実はこれ、日本郵政が昨秋から取り組んでいるもので、局内のスペースの一部を有償で地元農家に貸し出し、農産物を販売してもらう。市内では6月1日、本社から販売用の備品の提供を受けた大和上草柳郵便局(高橋政史局長)が、地元農家の高橋宏幸さんとの協力でスタートした=写真右下。

 下鶴間郵便局の鏡局長も遠藤さんの協力を得て、朝採れ野菜の販売を決定。その際、市内13の郵便局でいつでも始められるようにと、ラックや籠を購入し、配ったという。

 藤沢街道沿いの大和桜ヶ丘郵便局(三村公一局長)では、鏡局長から配布されたラックを使って、7月6日から地元の上和田の小川賢一さんのトマトやナス、ピーマン、トウモロコシなどを100円から300円で販売。

 どの局も売上げは上々。「地元野菜を認識してもらうきっかけになる」と遠藤さんは話す。鏡局長も「新たなコミュニケーションが生まれている」と相乗効果を喜んだ。

トウモロコシも並ぶ桜ヶ丘郵便局
トウモロコシも並ぶ桜ヶ丘郵便局

大和版のローカルニュース最新6

沖縄・軽石除去に

沖縄・軽石除去に 社会

市内災害ボラが支援受付

11月26日号

15年の歴史に新たな2台

大和JC

15年の歴史に新たな2台 社会

社協に車いすを寄贈

11月26日号

過去最多の50施設が参加

げんきっこアートフェス

過去最多の50施設が参加 教育

11月26日号

ポラリスがエントリー

公共建築グランプリ

ポラリスがエントリー 社会

30日まで投票呼びかけ

11月26日号

食べて応援スタンプラリー

食べて応援スタンプラリー 文化

大和市国際化協会が企画

11月26日号

1回戦は徳山大学

皇后杯

1回戦は徳山大学 スポーツ

大和シルフィード

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook