大和版 掲載号:2018年8月3日号 エリアトップへ

大和市老人クラブ連合会「ゆめクラブ大和」の新会長に就任した 高瀬 英一さん 上草柳在住 76歳

掲載号:2018年8月3日号

  • LINE
  • hatena

老人クラブは「人生の保険」

 ○…5月の総会をもって新会長に就任した。2年務めた副会長時に考えていたやりたいこと、しなくてはいけないことを推し進めていきたいと前向きに語る。

 ○…実は高齢者人口は増加傾向だが、老人会の会員は減少している。「60代はまだ現役も多いし、趣味なども多様化、会に縛られたくないという人も多い。大和市は70歳代も高齢者じゃないって言っているし」と笑いながら危機感を口にする。「いかにメリットを示せるか」が課題。そこで老人会を”人生の保険”になぞらえる。「元気な時は不要、困った時だけ面倒見て、といってもつながりがないと難しい。気の合う仲間だけだとポツポツ抜けて最後は一人になってしまうことも。まず老人会に入会して顔見知りになって、つながりを作っておけば、何かあった時に助かる」人生100年時代を迎えた高齢者への至言だ。

 ○…相模原の生まれ。高校2年の時に大和へ。「当時の大和は『女子供は近づいちゃいけないよ』なんて言われていた」と懐かしそうに笑う。商社の営業マンとして都内まで通っていたが、仕事柄、飲み会が多く、見かねた当時の専務が都内にマンションを借りてくれたほど。「家があるのに何で、って母親にブーブー言われてね」と目を細めた。高度経済成長期とバブルを経験。「いい思いした」と素直な感想が漏れた。

 ○…「五体満足に見えるけど、内臓とかガタガタなんだよ」と打ち明ける。商社マン時代は年間50回やっていたゴルフ。今ではグラウンドゴルフに姿を変えた。最高齢は91歳。足腰が悪く、打球のマークに難儀する仲間もいるが、あえて手伝わない。認知症予防や体力維持のためと信じている。「でも歩けなかった人が歩けるようになったの。優しくしちゃダメだね」と悪戯っぽく笑った。

大和版の人物風土記最新6

高木 秀明さん

相鉄線大和駅・瀬谷駅・三ツ境駅の駅長を務める

高木 秀明さん

横浜市泉区在住 49歳

11月26日号

冨山 健さん

新しく大和税務署の署長に就任した

冨山 健さん

横浜市在住 60歳

11月19日号

太栄志(ふとりひでし)さん

第49回衆議院議員選挙で神奈川13区から初当選を果たした

太栄志(ふとりひでし)さん

中央林間在住 44歳

11月12日号

山縣 貴絵さん

大和市を拠点に活動する唯一のナーシングドゥーラの

山縣 貴絵さん

桜森勤務 34歳

10月29日号

荻原 英人さん

第55代大和警察署長に着任した

荻原 英人さん

大和東在住 55歳

10月22日号

安保 弘豊さん

中央林間で10月9日、10日に開く「運ちょこ祭り」の発起人を務める

安保 弘豊さん

中央林間在住 49歳

10月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook