大和版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

県が選ぶ街の「いいお店」 「和菓子司 三吉野」が受賞 中央林間に根差し40年

社会

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena
小嶋孝榮さん(左)と隆さん
小嶋孝榮さん(左)と隆さん

 市内中央林間の「和菓子司三吉野」が、2018年度神奈川県優良小売店舗に選ばれた。同店は自家製餡にこだわった作り立ての菓子を製造販売し、若い世代にも「和菓子」を身近に感じられるような商品開発に取り組んでいる。

 表彰は、県が小売業や飲食店を営む店舗の中から、サービスや味が自慢の「いいお店」を称えるもの。43回目の今回は34店舗を選出した。

 今年度市内で唯一表彰された三吉野は、40年前に小嶋孝榮さん(69)が開業。孝榮さんは表彰を受け「栄誉なこと。皆様に愛され長く続けられたのは、若い頃の失敗が生きているから」と微笑む。

 新潟生まれの孝榮さんは、叔母の和菓子店で10年修業した後独立。26歳の時に東京で店を開くも「自分勝手」な経営のため約5年で店を畳んだ。「お客のことを第一に考え、もう一度勝負したい」と、当時は道路も舗装されず蛇がでるような中央林間で再出発。素材と製法にこだわる菓子を作り続け、地元の信頼を得た。

とろける「自家製餡」

 同店の「餡」にはファンが多い。美瑛の小豆農場と契約し、つぶ餡もこし餡も自家製。「口の中で溶けるので、他とは違う」と絶対の自信を持つ。

 現在は息子の隆さん(38)が店長を務め、プリンやマカロンラスクなど、既存の和菓子の枠を超えた商品開発に取り組む。

大和版のトップニュース最新6

県内で唯一入賞

赤羽深鳥(みどり)さん(緑野小2)

県内で唯一入賞 教育

自然科学観察コンクール

1月21日号

卓球の天皇杯に出場

大武篤史君(中学3年)

卓球の天皇杯に出場 スポーツ

1回戦は高校生と対戦

1月14日号

厚木基地に情報提供要望

大木市長

厚木基地に情報提供要望 社会

新型コロナ感染急拡大受け

1月14日号

企業「影響ある」約8割

原油高騰・半導体不足

企業「影響ある」約8割 経済

商議所が会員アンケート

1月7日号

2176人が新成人

1月10日成人式

2176人が新成人 社会

密を避け3部制で祝う

1月7日号

柔軟に対応「大和モデル」

柔軟に対応「大和モデル」 社会

大木哲市長 新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook