大和版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

栄眞学園 学校の「お昼寝」は良い? 川崎高校生徒が取材

教育

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena
意見交換会の様子
意見交換会の様子

 学校生活で「お昼寝制度」を活用する栄眞学園高等部(尾山眞幸校長)を調査するため、川崎市立川崎高校の2年生3人が11月15日に同校を訪れ意見交換会を行った。

 川崎高校の生徒は総合学習で睡眠学習をテーマに調査を進めており、実践校として栄眞学園への聞き取りを依頼。睡眠のプロとして学園をサポートする株式会社大和屋ふとんの社員と、学園の代表として生徒会長の安藤航太君が協力し出席した。

 実際に昼寝制度を体験している安藤君は「寝たことでその後の授業がスッキリ受けられた」と話した。聞き取りを終え川崎高校の遠藤里菜さんは「昼寝をしない生徒用に別の教室が用意されていることなど参考になった。私たちの高校でも実現できたらいい」と話した。

大和版のローカルニュース最新6

児童生徒28人が入賞

南林間

児童生徒28人が入賞 教育

ポスター・標語作品展

12月3日号

ウィーンホールで冬を感じる演奏会

中央林間駅前で春秋恒例の献血

中央林間駅前で春秋恒例の献血 社会

中央シティLC

12月3日号

難しいから面白い

難しいから面白い 社会

太極拳・重谷赳夫さん(95)

12月3日号

大和署前に冬の風物詩

新年も中止相次ぐ

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook